Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボンバルディア CRJ(Bombardier CRJ)は、カナダのボンバルディア・エアロスペース社が製造・販売している双発ジェット旅客機の製品群であり、CRJファミリーあるいはCRJシリーズとも呼ばれる。CRJファミリーを構成する主要モデルは、胴体長が短い順に CRJ100/200、 CRJ700、 CRJ900、 CRJ1000 の4機種で、座席数や航続距離などが異なる細かい派生型が存在する。CRJは座席数は50から100席程度の小型ジェット旅客機であり、従来、ターボプロップ機(プロペラ機)が主流であった小需要・短距離の地域航空路線向けに開発された初めての「リージョナルジェット」である。最初のモデルCRJ100が1991年5月10日に初飛行してから2013年までにCRJシリーズで累計1,600機以上が生産され、現在も発注・生産が続いている。ボンバルディア社を世界第3位の航空機メーカーに押し上げた立役者のひとつとされ、1990年代から2000年代前半にかけて大成功したリージョナルジェットである。
dbpedia-owl:aircraftType
  • リージョナルジェット
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 367630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58878444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • center
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:footer
  • CRJの乗降用ドアには階段が組み込まれている。乗客はこの階段を用いて乗降が可能(左)。空港設備のタラップを併用したり(中)、ボーディング・ブリッジを接続し(右)、乗降を行う場合もある。
prop-ja:footerAlign
  • center
prop-ja:image
  • EM US AIRWAYS EXPRESS CRJ-200 .jpg
  • IBEX Airlines CRJ CRJ700.JPG
  • Leave in Nagoya Airfield Aichi, JAPAN.jpg
prop-ja:width
  • 220 (xsd:integer)
  • 246 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • オーストリアン・アローズのCRJ200
prop-ja:分類
  • リージョナルジェット
prop-ja:初飛行年月日
  • --05-10
prop-ja:名称
  • ボンバルディア CRJ
prop-ja:生産数
  • 1787 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:Crj200-austrian.JPG
prop-ja:製造者
prop-ja:運用状況
  • 運用中
prop-ja:運用者More
  • (2015年7月現在で運用数30機以上の運航者及び日本の運航者) ** スカイウェスト航空 ** ** ** ** メサ航空 ** ** ** エンヴォイ・エア ** ジャズ航空 ** オップ! ** エア・ノストラム ** アイベックスエアラインズ ** ジェイエア
prop-ja:運用開始年月日
  • --01-01
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ボンバルディア CRJ(Bombardier CRJ)は、カナダのボンバルディア・エアロスペース社が製造・販売している双発ジェット旅客機の製品群であり、CRJファミリーあるいはCRJシリーズとも呼ばれる。CRJファミリーを構成する主要モデルは、胴体長が短い順に CRJ100/200、 CRJ700、 CRJ900、 CRJ1000 の4機種で、座席数や航続距離などが異なる細かい派生型が存在する。CRJは座席数は50から100席程度の小型ジェット旅客機であり、従来、ターボプロップ機(プロペラ機)が主流であった小需要・短距離の地域航空路線向けに開発された初めての「リージョナルジェット」である。最初のモデルCRJ100が1991年5月10日に初飛行してから2013年までにCRJシリーズで累計1,600機以上が生産され、現在も発注・生産が続いている。ボンバルディア社を世界第3位の航空機メーカーに押し上げた立役者のひとつとされ、1990年代から2000年代前半にかけて大成功したリージョナルジェットである。
rdfs:label
  • ボンバルディア CRJ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ボンバルディア CRJ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aircraftType of
is foaf:primaryTopic of