Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボンヌ・ダルトワ(Bonne d’Artois, 1396年頃 - 1425年9月17日 ディジョン)は、中世フランスの貴族女性。ウー伯フィリップ・ダルトワと、ベリー公ジャンの娘でオーヴェルニュ公領の女子相続人であるマリーの間の長女。1413年6月20日にボーモン=アン=アルトワ(現エナン=ボーモン)において、ヌヴェール伯およびルテル伯フィリップと最初の結婚をした。夫妻は間に2人の息子をもうけたが、夫は1415年のアジャンクールの戦いで戦死した。シャルル(1414年 - 1464年) - ヌヴェール伯、ルテル伯ジャン(1415年 - 1491年) - エタンプ伯、ヌヴェール伯、ルテル伯、ウー伯1424年11月30日にムーラン=アンジルベールにおいて、亡夫の甥にあたるブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンと再婚した。ブルゴーニュ公は先妻のフランス王女ミシェルと死別しており、再婚同士の夫婦だった。しかし再婚から10カ月後にボンヌは死去し、ブルゴーニュ公はポルトガル王女イザベルを3番目の妻に迎えた。ボンヌの遺骸はシャンモル修道院に埋葬された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2666453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51580762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボンヌ・ダルトワ(Bonne d’Artois, 1396年頃 - 1425年9月17日 ディジョン)は、中世フランスの貴族女性。ウー伯フィリップ・ダルトワと、ベリー公ジャンの娘でオーヴェルニュ公領の女子相続人であるマリーの間の長女。1413年6月20日にボーモン=アン=アルトワ(現エナン=ボーモン)において、ヌヴェール伯およびルテル伯フィリップと最初の結婚をした。夫妻は間に2人の息子をもうけたが、夫は1415年のアジャンクールの戦いで戦死した。シャルル(1414年 - 1464年) - ヌヴェール伯、ルテル伯ジャン(1415年 - 1491年) - エタンプ伯、ヌヴェール伯、ルテル伯、ウー伯1424年11月30日にムーラン=アンジルベールにおいて、亡夫の甥にあたるブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンと再婚した。ブルゴーニュ公は先妻のフランス王女ミシェルと死別しており、再婚同士の夫婦だった。しかし再婚から10カ月後にボンヌは死去し、ブルゴーニュ公はポルトガル王女イザベルを3番目の妻に迎えた。ボンヌの遺骸はシャンモル修道院に埋葬された。
rdfs:label
  • ボンヌ・ダルトワ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of