Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボルネオール (borneol) は竜脳、ボルネオショウノウとも呼ばれる二環式モノテルペン。化学式は C10H18O、分子量は 154.14。香りは樟脳に類似しているが揮発性がそれに比べると乏しい。骨格が樟脳と等しく、樟脳を還元することによってボルネオールを得ることができる。光学異性体が存在し、(−)体("d-ボルネオール"、図)は竜脳樹(Dryobalanops aromatica)やラベンダーに、(+)体はタカサゴギク等に含まれる。歴史的には紀元前後にインド人が、6~7世紀には中国人がマレー、スマトラとの交易で、天然カンフォルの取引を行っていたという。竜脳樹はスマトラ島北西部のバルス(ファンスル)とマレー半島南東のチューマ島に産した。香気は樟脳に勝り価格も高く、樟脳は竜脳の代用品的な地位だったという。その後イスラム商人も加わって、大航海時代前から香料貿易の重要な商品であった。アラビア人は香りのほか冷気を楽しみ、葡萄・桑の実・ザクロなどの果物に混ぜ、水で冷やして食したようである。
dbpedia-owl:casNumber
  • [464-43-7]((+)体)
  • [464-45-9]((−)体)
  • [507-70-0](ラセミ体)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 227982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50437550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas括弧省略
  • true
prop-ja:cas登録番号
  • [464-43-7](体)
  • [464-45-9](体)
  • [507-70-0](ラセミ体)
prop-ja:name
  • ボルネオール
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C10H18O
prop-ja:分子量
  • 154.140000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 竜脳、ボルネオショウノウ
prop-ja:密度
  • 1.011000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色固体
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
  • d-ボルネオール(体)
prop-ja:比旋光度
  • +37.7
prop-ja:
  • 固体
prop-ja:融点
  • 208 (xsd:integer)
prop-ja:融点注
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ボルネオール (borneol) は竜脳、ボルネオショウノウとも呼ばれる二環式モノテルペン。化学式は C10H18O、分子量は 154.14。香りは樟脳に類似しているが揮発性がそれに比べると乏しい。骨格が樟脳と等しく、樟脳を還元することによってボルネオールを得ることができる。光学異性体が存在し、(−)体("d-ボルネオール"、図)は竜脳樹(Dryobalanops aromatica)やラベンダーに、(+)体はタカサゴギク等に含まれる。歴史的には紀元前後にインド人が、6~7世紀には中国人がマレー、スマトラとの交易で、天然カンフォルの取引を行っていたという。竜脳樹はスマトラ島北西部のバルス(ファンスル)とマレー半島南東のチューマ島に産した。香気は樟脳に勝り価格も高く、樟脳は竜脳の代用品的な地位だったという。その後イスラム商人も加わって、大航海時代前から香料貿易の重要な商品であった。アラビア人は香りのほか冷気を楽しみ、葡萄・桑の実・ザクロなどの果物に混ぜ、水で冷やして食したようである。
rdfs:label
  • ボルネオール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ボルネオール
  • 竜脳、ボルネオショウノウ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of