ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(ロシア語: Борис Леонидович Пастернак, ラテン文字転写: Boris Leonidovich Pasternak, 1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者、作曲家。詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。また、ゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品のロシア語訳は、長年にわたってロシアの民衆に支持されている。

Property Value
dbo:abstract
  • ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(ロシア語: Борис Леонидович Пастернак, ラテン文字転写: Boris Leonidovich Pasternak, 1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者、作曲家。詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。また、ゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品のロシア語訳は、長年にわたってロシアの民衆に支持されている。 ロシア国外においては、『ドクトル・ジバゴ』の作者として最も名高い。『ドクトル・ジバゴ』はソ連において発禁処分となり、密かに国外に持ち出され、1957年にイタリアで刊行された。パステルナークは1958年にノーベル文学賞の受賞が決定したが、『ドクトル・ジバゴ』の出版とパステルナークのノーベル賞受賞は共にソ連共産党にとって侮辱的で許しがたい出来事であった。ソ連国家保安委員会(KGB)とソ連作家同盟による反対運動の末、パステルナークは受賞辞退に渋々同意することとなった。ノーベル委員会への受賞辞退の手紙では、ソ連当局の反応が辞退の唯一の理由であると述べられていた。パステルナークの受賞に対する反対活動はソ連の国際的信用を傷つけることとなった。彼は今日までロシア文学界を代表する作家である。さらに、パステルナークが始めた反体制活動はアレクサンドル・ソルジェニーツィンやその他の反体制活動家によって引き継がれ、洗練され、拡大していった。 (ja)
  • ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(ロシア語: Борис Леонидович Пастернак, ラテン文字転写: Boris Leonidovich Pasternak, 1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者、作曲家。詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。また、ゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品のロシア語訳は、長年にわたってロシアの民衆に支持されている。 ロシア国外においては、『ドクトル・ジバゴ』の作者として最も名高い。『ドクトル・ジバゴ』はソ連において発禁処分となり、密かに国外に持ち出され、1957年にイタリアで刊行された。パステルナークは1958年にノーベル文学賞の受賞が決定したが、『ドクトル・ジバゴ』の出版とパステルナークのノーベル賞受賞は共にソ連共産党にとって侮辱的で許しがたい出来事であった。ソ連国家保安委員会(KGB)とソ連作家同盟による反対運動の末、パステルナークは受賞辞退に渋々同意することとなった。ノーベル委員会への受賞辞退の手紙では、ソ連当局の反応が辞退の唯一の理由であると述べられていた。パステルナークの受賞に対する反対活動はソ連の国際的信用を傷つけることとなった。彼は今日までロシア文学界を代表する作家である。さらに、パステルナークが始めた反体制活動はアレクサンドル・ソルジェニーツィンやその他の反体制活動家によって引き継がれ、洗練され、拡大していった。 (ja)
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1960-05-30 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 184729 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10742 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81560552 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:awards
  • ノーベル文学賞(1958年) (ja)
  • ノーベル文学賞(1958年) (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 、モスクワ (ja)
  • 、モスクワ (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1960-05-30 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 、ペレデルキノ (ja)
  • 、ペレデルキノ (ja)
prop-ja:name
  • (Boris Pasternak) (ja)
  • ボリス・パステルナーク (ja)
  • (Boris Pasternak) (ja)
  • ボリス・パステルナーク (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(ロシア語: Борис Леонидович Пастернак, ラテン文字転写: Boris Leonidovich Pasternak, 1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者、作曲家。詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。また、ゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品のロシア語訳は、長年にわたってロシアの民衆に支持されている。 (ja)
  • ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(ロシア語: Борис Леонидович Пастернак, ラテン文字転写: Boris Leonidovich Pasternak, 1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者、作曲家。詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。また、ゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品のロシア語訳は、長年にわたってロシアの民衆に支持されている。 (ja)
rdfs:label
  • ボリス・パステルナーク (ja)
  • ボリス・パステルナーク (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (Boris Pasternak) (ja)
  • ボリス・パステルナーク (ja)
  • (Boris Pasternak) (ja)
  • ボリス・パステルナーク (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of