Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボヤン・クライツァ(クロアチア語: Bojan Kurajica、1947年11月15日 - )は、クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナ(旧 ユーゴスラビア)のチェスグランドマスター。リュブリャナ生まれのスプリト育ち。1965年に世界ジュニア選手権で優勝し、国際マスターになった。1966年にザグレブに移り、1972年にザグレブ大学哲学部を卒業、1974年にグランドマスターとなった。1976年のウェイク・アーン・ゼーチェス大会で好成績を記録。1979年にチェスクラブのŠKボスナからオファーを受けサラエボに移るまで、ザグレブでプレイした。チェス・オリンピアードには1980年のバレッタ大会と84年のテッサロニキ大会にユーゴスラビア代表として出場、うちバレッタ大会では団体で銅メダルを獲得した。ユーゴスラビア崩壊後はボスニア・ヘルツェゴビナ代表として1992年から06年の計8回オリンピアードに出場、うち94年のモスクワ大会では団体で銀メダルを獲得した。2005年12月にはソリンの第13回ソリナ・トーナメントで優勝。同年、国際チェス連盟(FIDE)トレーナーのタイトルを授かった。2006年現在、サラエボとスペインのサンタ・クルス・デ・テネリフェに居を構えている。2010年5月現在のFIDEによるイロレーティングは2548。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2200286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49011527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボヤン・クライツァ(クロアチア語: Bojan Kurajica、1947年11月15日 - )は、クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナ(旧 ユーゴスラビア)のチェスグランドマスター。リュブリャナ生まれのスプリト育ち。1965年に世界ジュニア選手権で優勝し、国際マスターになった。1966年にザグレブに移り、1972年にザグレブ大学哲学部を卒業、1974年にグランドマスターとなった。1976年のウェイク・アーン・ゼーチェス大会で好成績を記録。1979年にチェスクラブのŠKボスナからオファーを受けサラエボに移るまで、ザグレブでプレイした。チェス・オリンピアードには1980年のバレッタ大会と84年のテッサロニキ大会にユーゴスラビア代表として出場、うちバレッタ大会では団体で銅メダルを獲得した。ユーゴスラビア崩壊後はボスニア・ヘルツェゴビナ代表として1992年から06年の計8回オリンピアードに出場、うち94年のモスクワ大会では団体で銀メダルを獲得した。2005年12月にはソリンの第13回ソリナ・トーナメントで優勝。同年、国際チェス連盟(FIDE)トレーナーのタイトルを授かった。2006年現在、サラエボとスペインのサンタ・クルス・デ・テネリフェに居を構えている。2010年5月現在のFIDEによるイロレーティングは2548。
rdfs:label
  • ボヤン・クライツァ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of