Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボニファティウス2世(Bonifatius II, ? - 532年10月17日)は、ローマ教皇(在位:530年 - 532年)。東ゴート王国出身で、東ゴート王アタラリックに影響力を持っていた。アリウス派の強力な支持者であった前任のフェリクス4世に選出された。ボニファティウス2世の在任期間中には、対立教皇としてローマの司祭に支持されたディオスクルスがいた。ボニファティウス2世とディオスクルスは、ともに530年9月22日にローマで任命されたが、ディオスクルスはわずか22日後に死亡した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1609045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57623547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボニファティウス2世(Bonifatius II, ? - 532年10月17日)は、ローマ教皇(在位:530年 - 532年)。東ゴート王国出身で、東ゴート王アタラリックに影響力を持っていた。アリウス派の強力な支持者であった前任のフェリクス4世に選出された。ボニファティウス2世の在任期間中には、対立教皇としてローマの司祭に支持されたディオスクルスがいた。ボニファティウス2世とディオスクルスは、ともに530年9月22日にローマで任命されたが、ディオスクルスはわずか22日後に死亡した。
rdfs:label
  • ボニファティウス2世 (ローマ教皇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:次代 of
is foaf:primaryTopic of