Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボナパルティズム(Bonapartisme)は、本来の意味では、ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)によるフランス第一帝政の崩壊以後に活発化した政治運動で、国民の支持でフランスの支配者に選ばれたナポレオンとその一族を再びフランスの支配者に据えようとした運動を指す。ボナパルト家支持者たちはボナパルティストと呼ばれた。より広い意味では、革命運動を強権でもって弾圧しようとする権威主義的・反動的な運動一般のことを指す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 334393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59254064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボナパルティズム(Bonapartisme)は、本来の意味では、ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)によるフランス第一帝政の崩壊以後に活発化した政治運動で、国民の支持でフランスの支配者に選ばれたナポレオンとその一族を再びフランスの支配者に据えようとした運動を指す。ボナパルト家支持者たちはボナパルティストと呼ばれた。より広い意味では、革命運動を強権でもって弾圧しようとする権威主義的・反動的な運動一般のことを指す。
rdfs:label
  • ボナパルティズム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:party of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:結果 of
is foaf:primaryTopic of