Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボツリヌス菌(学名:Clostridium botulinum)は、クロストリジウム属の細菌である。グラム陽性の大桿菌および偏性嫌気性菌。土の中に芽胞の形で広く存在する。菌は毒素の抗原性の違いによりA-G型に分類され、ヒトに対する中毒はA,B,E,F型で起こる。A、B型は芽胞の形で土壌中に分布し、E型は海底や湖沼に分布する。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgrey
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:domain
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:species
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1364392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58169437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ドメイン
prop-ja:名称
  • ボツリヌス菌
prop-ja:学名
  • Clostridium botulinum
prop-ja:
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 顕微鏡で見たボツリヌス菌
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • lightgrey
prop-ja:
dc:description
  • 顕微鏡で見たボツリヌス菌
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ボツリヌス菌(学名:Clostridium botulinum)は、クロストリジウム属の細菌である。グラム陽性の大桿菌および偏性嫌気性菌。土の中に芽胞の形で広く存在する。菌は毒素の抗原性の違いによりA-G型に分類され、ヒトに対する中毒はA,B,E,F型で起こる。A、B型は芽胞の形で土壌中に分布し、E型は海底や湖沼に分布する。
rdfs:label
  • ボツリヌス菌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ボツリヌス菌
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of