Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボゾン家(英: Bosonids、仏: Bosonides、伊: Bosonidi)は、カロリング朝時代の諸侯の家系。ボソ3世(大ボソ)を始祖とする。プロヴァンス地方に領地をもち、アルル伯となった。また、カロリング家と婚姻関係を結び、イタリア王やローマ帝を輩出した。9世紀半ばのアルル伯ボソ5世は、西フランク王シャルル2世禿頭王に仕えて出世し、875年にはイタリアの副王とされた。シャルルの息子ルイ2世の死後、ボソはカルロマン2世とルイ3世を西フランク王として認めず、879年、貴族たちの支持を受けヴィエンヌで自らプロヴァンス王を宣言した。ボソは王位を保持するため皇帝カール3世と対抗した。887年のボソの死後、息子のルイ3世(盲目王)がプロヴァンス王として即位し、ルイの母エルメンガルド(イタリア王ロドヴィコ2世の娘)が摂政となった。ルイ3世はカール3世の養子とされ、彼の王位は正当化された。900年には、法的根拠をもとに、カロリング家に代わって皇帝位およびイタリア王位に就こうとした。ルイはパヴィアとローマで戴冠したが、実際には権力を持ち続けることは出来なかった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2863578 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58925059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボゾン家(英: Bosonids、仏: Bosonides、伊: Bosonidi)は、カロリング朝時代の諸侯の家系。ボソ3世(大ボソ)を始祖とする。プロヴァンス地方に領地をもち、アルル伯となった。また、カロリング家と婚姻関係を結び、イタリア王やローマ帝を輩出した。9世紀半ばのアルル伯ボソ5世は、西フランク王シャルル2世禿頭王に仕えて出世し、875年にはイタリアの副王とされた。シャルルの息子ルイ2世の死後、ボソはカルロマン2世とルイ3世を西フランク王として認めず、879年、貴族たちの支持を受けヴィエンヌで自らプロヴァンス王を宣言した。ボソは王位を保持するため皇帝カール3世と対抗した。887年のボソの死後、息子のルイ3世(盲目王)がプロヴァンス王として即位し、ルイの母エルメンガルド(イタリア王ロドヴィコ2世の娘)が摂政となった。ルイ3世はカール3世の養子とされ、彼の王位は正当化された。900年には、法的根拠をもとに、カロリング家に代わって皇帝位およびイタリア王位に就こうとした。ルイはパヴィアとローマで戴冠したが、実際には権力を持ち続けることは出来なかった。
rdfs:label
  • ボゾン家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of