Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボジンカ計画(英語: Bojinka plot)とは、アルカーイダが1995年1月21日から決行を予定していたものの未遂に終わったテロ計画。ボジンカはアラビア語で「爆発」の意味。資金提供も当時スーダンにあったアルカーイダのウサーマ・ビン=ラーディンが行った。この計画は、フィリピン・マニラのアルカーイダのアジトが爆弾製造中に爆発、フィリピン警察に1995年1月6日と7日に踏み込まれて露見した。主犯格は、ラムジ・ユセフとハリド・シェイク・モハメド。ラムジ・ユセフは、クウェート生まれのパキスタン人で、世界貿易センター爆破事件の首謀者。ハリド・シェイク・モハメドもクウェート生まれのパキスタン人で、ラムジの叔父である。ハリド・シェイク・モハメドは、16才でムスリム同胞団に加わり、その後アフガニスタンでソビエト軍と戦った経歴の持ち主で、アルカーイダの最高首脳の1人である。対外宣伝を担当し、アメリカ同時多発テロ事件の計画立案者と言われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 30731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59177514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボジンカ計画(英語: Bojinka plot)とは、アルカーイダが1995年1月21日から決行を予定していたものの未遂に終わったテロ計画。ボジンカはアラビア語で「爆発」の意味。資金提供も当時スーダンにあったアルカーイダのウサーマ・ビン=ラーディンが行った。この計画は、フィリピン・マニラのアルカーイダのアジトが爆弾製造中に爆発、フィリピン警察に1995年1月6日と7日に踏み込まれて露見した。主犯格は、ラムジ・ユセフとハリド・シェイク・モハメド。ラムジ・ユセフは、クウェート生まれのパキスタン人で、世界貿易センター爆破事件の首謀者。ハリド・シェイク・モハメドもクウェート生まれのパキスタン人で、ラムジの叔父である。ハリド・シェイク・モハメドは、16才でムスリム同胞団に加わり、その後アフガニスタンでソビエト軍と戦った経歴の持ち主で、アルカーイダの最高首脳の1人である。対外宣伝を担当し、アメリカ同時多発テロ事件の計画立案者と言われる。
rdfs:label
  • ボジンカ計画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:活動 of
is foaf:primaryTopic of