Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ボイスパーカッションとは、打楽器の奏でる音色を、そっくりそのまま口で表現する技術である。日本ではボイスパーカッションと呼ばれているが、英語ではVocal Percussion(ボーカルパーカッション)と呼ぶことが一般的である。その他の呼び方としてはMouth Drums(マウスドラムス)がある。より発展的な技術として、1980年代にヒップホップ音楽から発祥したヒューマンビートボックスが知られている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 150167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1826 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57260105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:雑多
  • 2009 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ボイスパーカッションとは、打楽器の奏でる音色を、そっくりそのまま口で表現する技術である。日本ではボイスパーカッションと呼ばれているが、英語ではVocal Percussion(ボーカルパーカッション)と呼ぶことが一般的である。その他の呼び方としてはMouth Drums(マウスドラムス)がある。より発展的な技術として、1980年代にヒップホップ音楽から発祥したヒューマンビートボックスが知られている。
rdfs:label
  • ボイスパーカッション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:bandMember of
is dbpedia-owl:instrument of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:instrument of
is foaf:primaryTopic of