Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • HSV-010(エイチエスブイ-ゼロイチゼロ)は、本田技研工業が開発していたNSXの後継車種である。試作車のみで量産されず、発売されることはなかったが、後にSUPER GT GT500クラスに参戦するレースカー HSV-010 GTのベース車両となった。Honda Sports Velocityの頭文字を車名としている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1962694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57809172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像の説明
  • ウイダー HSV-010
prop-ja:1枚目画像名
  • Weider HSV-010GT 2010.jpg
prop-ja:2枚目画像の説明
  • ARTA HSV-010 GT
prop-ja:2枚目画像名
  • ARTA HSV-010GT 2010 rear.jpg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • HR10EG型:3.4L V8 DOHC
prop-ja:サスペンション
prop-ja:トランスミッション
prop-ja:ホイールベース
  • 2700.0
prop-ja:ボディタイプ
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:乗車定員
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:全幅
  • 2000.0
prop-ja:全長
  • 4675.0
prop-ja:後継
prop-ja:最大トルク
  • 392 (xsd:integer)
prop-ja:最高出力
  • 370 (xsd:integer)
prop-ja:設計統括
prop-ja:車両重量
  • 1100 (xsd:integer)
prop-ja:車名
  • ホンダ・HSV-010 GT
prop-ja:車名補
  • SUPER GT GT500仕様
prop-ja:車種
  • 競技車両
prop-ja:駆動方式
dcterms:subject
rdfs:comment
  • HSV-010(エイチエスブイ-ゼロイチゼロ)は、本田技研工業が開発していたNSXの後継車種である。試作車のみで量産されず、発売されることはなかったが、後にSUPER GT GT500クラスに参戦するレースカー HSV-010 GTのベース車両となった。Honda Sports Velocityの頭文字を車名としている。
rdfs:label
  • ホンダ・HSV-010
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of