Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホルスト・スコッフ(Horst Skoff, 1968年8月22日 - 2008年6月7日)は、オーストリア・クラーゲンフルト出身の元男子プロテニス選手。1980年代後半から1990年代前半にかけてオーストリアの男子テニス界をリードした選手の1人だったが、心臓発作のため39歳の若さで死去した。彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストリア代表選手として、1990年にチーム最高成績の「ワールドグループ」準決勝進出に貢献したが、4大大会の男子シングルスでは2回戦止まりに終わった。自己最高ランキングはシングルス18位、ダブルス70位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス2勝を挙げた。スコッフは6歳からテニスを始め、1984年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の16歳以下の部で優勝し、1985年からプロ選手になった。1986年からデビスカップのオーストリア代表選手に選ばれ、トーマス・ムスターらとともに当地のトップ選手として活動を始める。スコッフが代表入りする前、オーストリアはデビスカップ「ヨーロッパ・ゾーン」準決勝止まりのレベルだったが、彼が代表になった年に初めてゾーンの決勝戦に進んだ。1986年・1987年はヨーロッパ・ゾーン決勝で敗れたものの、1988年の欧州ゾーン決勝でイギリスを5戦全勝で破り、オーストリアは初めて世界最上位16ヶ国による「ワールドグループ」昇格を決めた。1989年のデビスカップ・ワールドグループで、オーストリアは1回戦でオーストラリアを5戦全勝で破り、スウェーデンとの準々決勝まで進んだ。スウェーデンには2勝3敗で敗れたが、スコッフがシングルス第2試合でマッツ・ビランデルを 6-7, 7-6, 1-6, 6-4, 9-7 のスコアで倒した。当時のビランデルの調子が下降線にあったとはいえ、前年度の1988年に世界ランキング1位の座についた王者に競り勝ったことで、スコッフはオーストリア代表選手としての評価をさらに高めた。[1]ホルスト・スコッフの選手経歴のハイライトは、1990年のデビスカップ・ワールドグループ準決勝進出であった。オーストリアは1回戦でスペインに3勝2敗、準々決勝でイタリアに5戦全勝で勝ち、準決勝でアメリカと対戦した。エースのトーマス・ムスターがシングルス第1試合・第4試合を取るが、スコッフはシングルス第2試合でアンドレ・アガシに敗れた。2勝2敗で迎えた最終第5試合は、スコッフとマイケル・チャンの顔合わせになる。この試合をスコッフが 6-3, 7-6, 4-6, 4-6, 3-6 の逆転で落としたため、オーストリア・チームは初の決勝進出を逃してしまった。[2] 翌1991年のデビスカップでは、オーストリアは1回戦でチェコスロバキアに1勝3敗で敗れた後、グループ残留をかけた「ワールドグループ・プレーオフ」でもイギリスに1勝3敗で敗れ、ヨーロッパ・ゾーンに転落した。スコッフは1994年のデビスカップを最後に、オーストリア代表選手から退いた。団体戦のデビスカップで華麗な活躍を見せたスコッフだが、4大大会では好成績がほとんどなく、男子シングルスでは2回戦止まりの成績だった。彼はオリンピックのオーストリア代表選手としても、1988年ソウル五輪と1992年バルセロナ五輪の2度出場を果たしている。ATPツアー大会ではシングルス4勝・ダブルス2勝を挙げたが、1993年7月にスイス・バスタッド大会の決勝でロナルド・アジェノール(ハイチ)を 7-5, 1-6, 6-0 で破った優勝が、スコッフの最後の勝利になった。彼の競技記録は1999年8月まで残っている。選手生活から引退した後、スコッフは故郷のクラーゲンフルトでテニス・アカデミーを経営したが、2008年6月7日に心臓発作のためドイツ・ハンブルクの病院で死去した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1500582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47191046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • S055
prop-ja:name
  • ホルスト・スコッフ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 228 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 48 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 片手打ち
prop-ja:体重
  • 72.0
prop-ja:全仏オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープン
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・クラーゲンフルト
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 1999 (xsd:integer)
prop-ja:没年日
  • 2008-06-07 (xsd:date)
prop-ja:生涯通算成績
  • 276 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1968-08-22 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 175.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ホルスト・スコッフ
prop-ja:選手名(英語)_
  • Horst Skoff
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ホルスト・スコッフ(Horst Skoff, 1968年8月22日 - 2008年6月7日)は、オーストリア・クラーゲンフルト出身の元男子プロテニス選手。1980年代後半から1990年代前半にかけてオーストリアの男子テニス界をリードした選手の1人だったが、心臓発作のため39歳の若さで死去した。彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストリア代表選手として、1990年にチーム最高成績の「ワールドグループ」準決勝進出に貢献したが、4大大会の男子シングルスでは2回戦止まりに終わった。自己最高ランキングはシングルス18位、ダブルス70位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス2勝を挙げた。スコッフは6歳からテニスを始め、1984年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の16歳以下の部で優勝し、1985年からプロ選手になった。1986年からデビスカップのオーストリア代表選手に選ばれ、トーマス・ムスターらとともに当地のトップ選手として活動を始める。スコッフが代表入りする前、オーストリアはデビスカップ「ヨーロッパ・ゾーン」準決勝止まりのレベルだったが、彼が代表になった年に初めてゾーンの決勝戦に進んだ。1986年・1987年はヨーロッパ・ゾーン決勝で敗れたものの、1988年の欧州ゾーン決勝でイギリスを5戦全勝で破り、オーストリアは初めて世界最上位16ヶ国による「ワールドグループ」昇格を決めた。1989年のデビスカップ・ワールドグループで、オーストリアは1回戦でオーストラリアを5戦全勝で破り、スウェーデンとの準々決勝まで進んだ。スウェーデンには2勝3敗で敗れたが、スコッフがシングルス第2試合でマッツ・ビランデルを 6-7, 7-6, 1-6, 6-4, 9-7 のスコアで倒した。当時のビランデルの調子が下降線にあったとはいえ、前年度の1988年に世界ランキング1位の座についた王者に競り勝ったことで、スコッフはオーストリア代表選手としての評価をさらに高めた。[1]ホルスト・スコッフの選手経歴のハイライトは、1990年のデビスカップ・ワールドグループ準決勝進出であった。オーストリアは1回戦でスペインに3勝2敗、準々決勝でイタリアに5戦全勝で勝ち、準決勝でアメリカと対戦した。エースのトーマス・ムスターがシングルス第1試合・第4試合を取るが、スコッフはシングルス第2試合でアンドレ・アガシに敗れた。2勝2敗で迎えた最終第5試合は、スコッフとマイケル・チャンの顔合わせになる。この試合をスコッフが 6-3, 7-6, 4-6, 4-6, 3-6 の逆転で落としたため、オーストリア・チームは初の決勝進出を逃してしまった。[2] 翌1991年のデビスカップでは、オーストリアは1回戦でチェコスロバキアに1勝3敗で敗れた後、グループ残留をかけた「ワールドグループ・プレーオフ」でもイギリスに1勝3敗で敗れ、ヨーロッパ・ゾーンに転落した。スコッフは1994年のデビスカップを最後に、オーストリア代表選手から退いた。団体戦のデビスカップで華麗な活躍を見せたスコッフだが、4大大会では好成績がほとんどなく、男子シングルスでは2回戦止まりの成績だった。彼はオリンピックのオーストリア代表選手としても、1988年ソウル五輪と1992年バルセロナ五輪の2度出場を果たしている。ATPツアー大会ではシングルス4勝・ダブルス2勝を挙げたが、1993年7月にスイス・バスタッド大会の決勝でロナルド・アジェノール(ハイチ)を 7-5, 1-6, 6-0 で破った優勝が、スコッフの最後の勝利になった。彼の競技記録は1999年8月まで残っている。選手生活から引退した後、スコッフは故郷のクラーゲンフルトでテニス・アカデミーを経営したが、2008年6月7日に心臓発作のためドイツ・ハンブルクの病院で死去した。
rdfs:label
  • ホルスト・スコッフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of