Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホルシュタイン公国Herzogtum HolsteinHertugdømmet Holstenホルシュタインの位置ドイツ連邦における領域(1815年 - 1866年)ホルシュタイン公国(ドイツ語: Herzogtum Holstein, デンマーク語: Hertugdømmet Holsten)は、神聖ローマ帝国の最北端、ホルシュタイン地方に存在した領邦国家。今日のドイツ連邦共和国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の一部にあたる。1474年、デンマーク王クリスチャン1世が有していたホルシュタイン=レンツブルク伯領が、皇帝フリードリヒ3世により公国とされたことにより成立した。以後この公国はその存続期間を通じ、北隣のシュレースヴィヒ公国とともに、デンマーク王家(オルデンブルク家)とその一族により統治された。1544年にデンマーク王クリスチャン3世は、弟2人とともにシュレースヴィヒ公国およびホルシュタイン公国を三分し、王家と2公家による共同統治とした。1家は早くに断絶するが、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ家は17世紀から18世紀にかけて王家と対立し、北欧の政治情勢に影響を与えた(ゴットルプ家からは、スウェーデン王やロシア皇帝を出している)。王家とゴットルプ家の共同統治は、シュレースヴィヒで1713年に終了したのに続き、1773年にホルシュタインでも終了。デンマーク王家がホルシュタイン公国の単独統治者となったが、「ドイツ」の領域内にあるデンマーク王領という特殊な地位などから、19世紀半ばにシュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題が発生。2度のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争を経て1864年にデンマーク王家はホルシュタイン公国を放棄し、その領域は1866年の普墺戦争でプロイセン王国に編入された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 762732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58117122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1864 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Map-DB-Holstein.svg
prop-ja:位置画像説明
  • ドイツ連邦における領域(1815年 - 1866年)
prop-ja:元首等年代始
  • 1474 (xsd:integer)
  • 1863 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1481 (xsd:integer)
  • 1864 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:公用語
prop-ja:国章画像
  • Holstein Arms.svg
prop-ja:変遷
  • ウィーン条約
  • リーベ条約
  • 公国成立
  • 第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争
prop-ja:変遷年月日
  • --02-01
  • --02-04
  • --03-05
  • --10-30
prop-ja:建国時期
  • 1474 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • ホルシュタイン公国
prop-ja:略名
  • ホルシュタイン
prop-ja:通貨
  • リグスダーラー
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ホルシュタイン公国Herzogtum HolsteinHertugdømmet Holstenホルシュタインの位置ドイツ連邦における領域(1815年 - 1866年)ホルシュタイン公国(ドイツ語: Herzogtum Holstein, デンマーク語: Hertugdømmet Holsten)は、神聖ローマ帝国の最北端、ホルシュタイン地方に存在した領邦国家。今日のドイツ連邦共和国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の一部にあたる。1474年、デンマーク王クリスチャン1世が有していたホルシュタイン=レンツブルク伯領が、皇帝フリードリヒ3世により公国とされたことにより成立した。以後この公国はその存続期間を通じ、北隣のシュレースヴィヒ公国とともに、デンマーク王家(オルデンブルク家)とその一族により統治された。1544年にデンマーク王クリスチャン3世は、弟2人とともにシュレースヴィヒ公国およびホルシュタイン公国を三分し、王家と2公家による共同統治とした。1家は早くに断絶するが、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ家は17世紀から18世紀にかけて王家と対立し、北欧の政治情勢に影響を与えた(ゴットルプ家からは、スウェーデン王やロシア皇帝を出している)。王家とゴットルプ家の共同統治は、シュレースヴィヒで1713年に終了したのに続き、1773年にホルシュタインでも終了。デンマーク王家がホルシュタイン公国の単独統治者となったが、「ドイツ」の領域内にあるデンマーク王領という特殊な地位などから、19世紀半ばにシュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題が発生。2度のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争を経て1864年にデンマーク王家はホルシュタイン公国を放棄し、その領域は1866年の普墺戦争でプロイセン王国に編入された。
rdfs:label
  • ホルシュタイン公国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:hometown of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:title of
is prop-ja: of
is prop-ja:生地 of
is foaf:primaryTopic of