ホラー小説(ホラーしょうせつ)は、恐怖を主題として、読者に恐怖感を与えるため(恐がらせるため)に書かれた小説。恐怖小説あるいは怪奇小説などとも呼ぶ。 「恐怖は人類の最も古い感情である」というラヴクラフトの言葉がある。それを反映して恐怖の対象として描かれたものは多岐にわたり、古くは神や霊、吸血鬼等といった超自然的な物事が扱われた。宇宙から見た人間存在の儚さ/疎外感を恐怖と感じれば、それも恐怖小説のテーマとなりうる(ラヴクラフト自身のコズミック・ホラーのなかで見事に描かれている)。近年では人間心理の謎を扱うサイコホラー(あるいは)も人気である。しかし一方で、発達障害や精神疾患に対するステレオタイプな誤解をもたらす可能性もある(例として「アスペルガー症候群と社会」、「『狂鬼人間』について」など)。スタイルや恐怖の対象によって、やという分類もある。ホラー小説とホラー映画の間には、同じ怪奇を扱っているという以上の強い関連がみられる。

Property Value
dbo:abstract
  • ホラー小説(ホラーしょうせつ)は、恐怖を主題として、読者に恐怖感を与えるため(恐がらせるため)に書かれた小説。恐怖小説あるいは怪奇小説などとも呼ぶ。 「恐怖は人類の最も古い感情である」というラヴクラフトの言葉がある。それを反映して恐怖の対象として描かれたものは多岐にわたり、古くは神や霊、吸血鬼等といった超自然的な物事が扱われた。宇宙から見た人間存在の儚さ/疎外感を恐怖と感じれば、それも恐怖小説のテーマとなりうる(ラヴクラフト自身のコズミック・ホラーのなかで見事に描かれている)。近年では人間心理の謎を扱うサイコホラー(あるいは)も人気である。しかし一方で、発達障害や精神疾患に対するステレオタイプな誤解をもたらす可能性もある(例として「アスペルガー症候群と社会」、「『狂鬼人間』について」など)。スタイルや恐怖の対象によって、やという分類もある。ホラー小説とホラー映画の間には、同じ怪奇を扱っているという以上の強い関連がみられる。 (ja)
  • ホラー小説(ホラーしょうせつ)は、恐怖を主題として、読者に恐怖感を与えるため(恐がらせるため)に書かれた小説。恐怖小説あるいは怪奇小説などとも呼ぶ。 「恐怖は人類の最も古い感情である」というラヴクラフトの言葉がある。それを反映して恐怖の対象として描かれたものは多岐にわたり、古くは神や霊、吸血鬼等といった超自然的な物事が扱われた。宇宙から見た人間存在の儚さ/疎外感を恐怖と感じれば、それも恐怖小説のテーマとなりうる(ラヴクラフト自身のコズミック・ホラーのなかで見事に描かれている)。近年では人間心理の謎を扱うサイコホラー(あるいは)も人気である。しかし一方で、発達障害や精神疾患に対するステレオタイプな誤解をもたらす可能性もある(例として「アスペルガー症候群と社会」、「『狂鬼人間』について」など)。スタイルや恐怖の対象によって、やという分類もある。ホラー小説とホラー映画の間には、同じ怪奇を扱っているという以上の強い関連がみられる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 19596 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10721 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80010908 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ホラー小説(ホラーしょうせつ)は、恐怖を主題として、読者に恐怖感を与えるため(恐がらせるため)に書かれた小説。恐怖小説あるいは怪奇小説などとも呼ぶ。 「恐怖は人類の最も古い感情である」というラヴクラフトの言葉がある。それを反映して恐怖の対象として描かれたものは多岐にわたり、古くは神や霊、吸血鬼等といった超自然的な物事が扱われた。宇宙から見た人間存在の儚さ/疎外感を恐怖と感じれば、それも恐怖小説のテーマとなりうる(ラヴクラフト自身のコズミック・ホラーのなかで見事に描かれている)。近年では人間心理の謎を扱うサイコホラー(あるいは)も人気である。しかし一方で、発達障害や精神疾患に対するステレオタイプな誤解をもたらす可能性もある(例として「アスペルガー症候群と社会」、「『狂鬼人間』について」など)。スタイルや恐怖の対象によって、やという分類もある。ホラー小説とホラー映画の間には、同じ怪奇を扱っているという以上の強い関連がみられる。 (ja)
  • ホラー小説(ホラーしょうせつ)は、恐怖を主題として、読者に恐怖感を与えるため(恐がらせるため)に書かれた小説。恐怖小説あるいは怪奇小説などとも呼ぶ。 「恐怖は人類の最も古い感情である」というラヴクラフトの言葉がある。それを反映して恐怖の対象として描かれたものは多岐にわたり、古くは神や霊、吸血鬼等といった超自然的な物事が扱われた。宇宙から見た人間存在の儚さ/疎外感を恐怖と感じれば、それも恐怖小説のテーマとなりうる(ラヴクラフト自身のコズミック・ホラーのなかで見事に描かれている)。近年では人間心理の謎を扱うサイコホラー(あるいは)も人気である。しかし一方で、発達障害や精神疾患に対するステレオタイプな誤解をもたらす可能性もある(例として「アスペルガー症候群と社会」、「『狂鬼人間』について」など)。スタイルや恐怖の対象によって、やという分類もある。ホラー小説とホラー映画の間には、同じ怪奇を扱っているという以上の強い関連がみられる。 (ja)
rdfs:label
  • ホラー小説 (ja)
  • ホラー小説 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:literaryGenre of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:ジャンル of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of