Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホッケーの殿堂 (英: Hockey Hall of Fame、仏: Temple de la renommée du hockey) はカナダオンタリオ州トロントに所在する建物で、その名には単に「ホッケー」と記されているが、野外で行われる各種ホッケーというよりは、主にアイスホッケーの歴史を保存し、顕彰を行い、その発展に寄与するために建設されたものである。顕著な功績のあった選手等はこの「ホッケーの殿堂」においてその名を記録保存されることから、このような者のことを概念的にホッケーの殿堂入り選手などと呼び習わすこともある。ホッケーの殿堂の概念は、1943年に創設されたものであるが、実際の建物が建設されたのは1961年である。この建物は当時、カナダ国立展示場 (Canadian National Exhibition) の敷地内に置かれた。1993年になると、トロント中心部のヤングストリート (Yonge Street) とフロントストリート (Front Street) の交差点の北西角に新たなホッケーの殿堂の建物が建設された(なお、ここにはかつてモントリオール銀行の支店があった。)この建物は BCE Place コンプレックスを通じて、ユニオン駅、ロイヤルヨークホテルそしてエアカナダ・センターへと連絡している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 279184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58606181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • W
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ホッケーの殿堂
  • (Hockey Hall of Fame)
prop-ja:所在地
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • ホッケーの殿堂
prop-ja:経度分
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 79 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 49 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ホッケーの殿堂 (英: Hockey Hall of Fame、仏: Temple de la renommée du hockey) はカナダオンタリオ州トロントに所在する建物で、その名には単に「ホッケー」と記されているが、野外で行われる各種ホッケーというよりは、主にアイスホッケーの歴史を保存し、顕彰を行い、その発展に寄与するために建設されたものである。顕著な功績のあった選手等はこの「ホッケーの殿堂」においてその名を記録保存されることから、このような者のことを概念的にホッケーの殿堂入り選手などと呼び習わすこともある。ホッケーの殿堂の概念は、1943年に創設されたものであるが、実際の建物が建設されたのは1961年である。この建物は当時、カナダ国立展示場 (Canadian National Exhibition) の敷地内に置かれた。1993年になると、トロント中心部のヤングストリート (Yonge Street) とフロントストリート (Front Street) の交差点の北西角に新たなホッケーの殿堂の建物が建設された(なお、ここにはかつてモントリオール銀行の支店があった。)この建物は BCE Place コンプレックスを通じて、ユニオン駅、ロイヤルヨークホテルそしてエアカナダ・センターへと連絡している。
rdfs:label
  • ホッケーの殿堂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of