Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホスホリン (phosphorine、ホスファベンゼン phosphabenzene) は窒素原子の替わりにリン原子を含むピリジン類縁体である。ホスファアルケンに属する平面芳香族化合物であるが、芳香族性はベンゼンの88%程度である。P-C間の結合長は173 pm 、C-C結合長は場所によって違うがおよそ140 pm。シラベンゼンなどと異なり空気や湿気に対して安定で、不活性気体を用いなくとも扱える。この安定性はリン (2.1) と炭素 (2.5) の電気陰性度が近いことに起因する。金属錯体の配位子としてよく研究されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2546316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3700 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54070409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Phosphorine-skeletal.svg
prop-ja:imagefiler
  • Phosphabenzene-Spartan-MP2-3D-balls.png
prop-ja:imagenamel
  • Kekulé skeletal formula of phosphorine
prop-ja:imagenamer
  • Aromatic ball and stick model of phosphorine
prop-ja:imagesizel
  • 121 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 121 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • Phosphabenzene
prop-ja:systematicname
  • Phosphinine
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ホスホリン (phosphorine、ホスファベンゼン phosphabenzene) は窒素原子の替わりにリン原子を含むピリジン類縁体である。ホスファアルケンに属する平面芳香族化合物であるが、芳香族性はベンゼンの88%程度である。P-C間の結合長は173 pm 、C-C結合長は場所によって違うがおよそ140 pm。シラベンゼンなどと異なり空気や湿気に対して安定で、不活性気体を用いなくとも扱える。この安定性はリン (2.1) と炭素 (2.5) の電気陰性度が近いことに起因する。金属錯体の配位子としてよく研究されている。
rdfs:label
  • ホスホリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Phosphabenzene
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of