Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホスホリラーゼ(Phosphorylase)とは一般に、ある化合物と無機リン酸とを基質としてその化合物をリン酸化(または加リン酸分解)する酵素である。 A-B + H3PO4 → AOH + H2PO3-Bこれらの反応は、平衡点が中間点付近にあるため、可逆である。特に狭義に、グリコーゲンやデンプンまたはマルトデキストリンなどのグルカンを分解しグルコース-1-リン酸を生成する(あるいは逆に重合反応を行う)酵素(グリコーゲンホスホリラーゼ等)をホスホリラーゼと呼ぶことも多い。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9035-74-9
dbpedia-owl:ecNumber
  • 2.4.1.1
  • 2/4/1/1
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2113970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48446928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:casNumber
  • 9035 (xsd:integer)
prop-ja:ecNumber
  • 2.400000 (xsd:double)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • phosphorylase
  • ホスホリラーゼ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ホスホリラーゼ(Phosphorylase)とは一般に、ある化合物と無機リン酸とを基質としてその化合物をリン酸化(または加リン酸分解)する酵素である。 A-B + H3PO4 → AOH + H2PO3-Bこれらの反応は、平衡点が中間点付近にあるため、可逆である。特に狭義に、グリコーゲンやデンプンまたはマルトデキストリンなどのグルカンを分解しグルコース-1-リン酸を生成する(あるいは逆に重合反応を行う)酵素(グリコーゲンホスホリラーゼ等)をホスホリラーゼと呼ぶことも多い。
rdfs:label
  • ホスホリラーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • phosphorylase
  • ホスホリラーゼ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of