Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホステス(英: hostess)は、ホスト(英: host)の女性形名詞(-ess)。元来は女主人や(旅館等の)女将(おかみ)の意味。日本では全ての飲食店を通じて男性客をもてなす女性従業員のことを、「女給仕」を略して女給と呼んでいたが、1962年11月に東京観光社交業連合会(東観連)が「女給」では人権無視と蔑視感が伴う為に「社交員」(ホステス)の呼称で統一するようマスコミへ告知する、当初は「社交員」と呼ばれていたものの東京オリンピック開催に伴い国を挙げての国際化指導もあって1964年にはバー、クラブ、キャバレーの女性従業員のことをホステスと呼ぶ事が定着するようになった。なお、東京オリンピックでは外国政府高官などの相手をする者は「社交係」(ホステス)と呼ばれていた。本来、ホステスは客を遇す、専門的知識と技術を持った女性の職業あるいは役割りを示すものであり、air hostessは客室乗務員を意味する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 231774 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55515854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ホステス(英: hostess)は、ホスト(英: host)の女性形名詞(-ess)。元来は女主人や(旅館等の)女将(おかみ)の意味。日本では全ての飲食店を通じて男性客をもてなす女性従業員のことを、「女給仕」を略して女給と呼んでいたが、1962年11月に東京観光社交業連合会(東観連)が「女給」では人権無視と蔑視感が伴う為に「社交員」(ホステス)の呼称で統一するようマスコミへ告知する、当初は「社交員」と呼ばれていたものの東京オリンピック開催に伴い国を挙げての国際化指導もあって1964年にはバー、クラブ、キャバレーの女性従業員のことをホステスと呼ぶ事が定着するようになった。なお、東京オリンピックでは外国政府高官などの相手をする者は「社交係」(ホステス)と呼ばれていた。本来、ホステスは客を遇す、専門的知識と技術を持った女性の職業あるいは役割りを示すものであり、air hostessは客室乗務員を意味する。
rdfs:label
  • ホステス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:occupation of
is foaf:primaryTopic of