Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ホウ素(ホウそ、硼素、英: boron、羅: borium)は、原子番号 5、原子量 10.81、元素記号 B で表される元素である。高融点かつ高沸点な硬くて脆い固体であり、金属元素と非金属元素の中間の性質を示す(半金属)。1808年にゲイ=リュサックとルイ・テナールの2人の共同作業及びハンフリー・デービーによってそれぞれ個別に単体の分離が行なわれた。元素名はアラビア語で「ホウ砂」を意味する「 Buraq (ブラーク)」に由来する。ホウ素は同じ第13族元素であるアルミニウムなどよりも第14族元素である炭素やケイ素に類似した性質を示す。結晶性ホウ素は化学的に不活性であり耐酸性が高く、フッ化水素酸にも侵されない。ホウ素の化合物は通常+3価の酸化数を取り、ルイス酸としての性質をもつハロゲン化物や、ホウ酸塩鉱物中で見られるホウ酸塩、三中心二電子結合と呼ばれる特殊な結合様式を取るボランなどがある。ホウ素には13の既知の同位体があり、天然に存在するホウ素は80.1%の11Bと19.9%の10Bからなっている。ホウ素は地殻中の存在率が比較的低い元素であるが、鉱床を形成するため容易に採掘可能であることから人類による利用の歴史は長く、古くから釉薬として使われていた。現代ではガラス向けの用途に使われることが多く、2011年のホウ酸塩消費量のおよそ60%がガラス用として消費されている。その他、半導体のドーパントや超硬度材料、音響材料、殺虫剤などに利用される。植物にとってホウ素は細胞壁を維持するために必要な必須元素であり、ホウ素の欠乏によって成長障害が引き起こされる。動物にとっても必須元素であると考えられているが、その生物学的な役割はよく知られていない。ヒトや動物に対しては食塩と同程度に無毒な物質であるが、植物では高濃度のホウ素を含む土壌で葉の壊死などの障害が発生し、昆虫に対しては強い毒性を示す。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 59891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58521419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1stIonizationEnergy
  • 800.600000 (xsd:double)
prop-ja:2ndIonizationEnergy
  • 2427.100000 (xsd:double)
prop-ja:3rdIonizationEnergy
  • 3659.700000 (xsd:double)
prop-ja:above
  • -
prop-ja:appearance
  • 黒色の固体
prop-ja:atomicMass
  • 7 (xsd:integer)
  • 10.811000 (xsd:double)
prop-ja:atomicRadius
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:below
prop-ja:block
  • p
prop-ja:boilingPointC
  • 3650 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointF
  • 6602 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointK
  • 3923 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointPressure
  • β菱面体晶
prop-ja:casNumber
  • 7440 (xsd:integer)
prop-ja:color
  • 黒色
prop-ja:covalentRadius
  • 84 (xsd:integer)
prop-ja:crystalStructure
prop-ja:densityGpcm3nrt
  • 2.080000 (xsd:double)
prop-ja:electricalResistivityAt
  • ~106
prop-ja:electronConfiguration
  • [He] 2s2 2p1
prop-ja:electronegativity
  • 2.040000 (xsd:double)
prop-ja:electronsPerShell
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:group
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:heatCapacity
  • 11.087000 (xsd:double)
prop-ja:heatFusion
  • 50.200000 (xsd:double)
prop-ja:heatVaporization
  • 480 (xsd:integer)
prop-ja:imageName
  • Bor 1.jpg
prop-ja:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:japaneseName
  • ホウ素
prop-ja:left
prop-ja:magneticOrdering
prop-ja:meltingPointC
  • 2180 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointF
  • 3956 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointK
  • 2453 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointPressure
  • β菱面体晶
prop-ja:mohsHardness
  • 9.300000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • boron
prop-ja:number
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:numberOfIonizationEnergies
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:oxidationStates
  • 4321 (xsd:integer)
prop-ja:oxidationStatesComment
prop-ja:period
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:phase
  • 固体
prop-ja:right
prop-ja:series
  • 半金属
prop-ja:speedOfSoundRodAtR.t.
  • 16200 (xsd:integer)
prop-ja:symbol
  • B
prop-ja:thermalConductivity
  • 27.400000 (xsd:double)
prop-ja:thermalExpansionAt
  • (βボロン)5-7
prop-ja:vanDerWaalsRadius
  • 192 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure
  • 2348 (xsd:integer)
  • 2562 (xsd:integer)
  • 2822 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure100K
  • 4072 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure10K
  • 3545 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure1K
  • 3141 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ホウ素(ホウそ、硼素、英: boron、羅: borium)は、原子番号 5、原子量 10.81、元素記号 B で表される元素である。高融点かつ高沸点な硬くて脆い固体であり、金属元素と非金属元素の中間の性質を示す(半金属)。1808年にゲイ=リュサックとルイ・テナールの2人の共同作業及びハンフリー・デービーによってそれぞれ個別に単体の分離が行なわれた。元素名はアラビア語で「ホウ砂」を意味する「 Buraq (ブラーク)」に由来する。ホウ素は同じ第13族元素であるアルミニウムなどよりも第14族元素である炭素やケイ素に類似した性質を示す。結晶性ホウ素は化学的に不活性であり耐酸性が高く、フッ化水素酸にも侵されない。ホウ素の化合物は通常+3価の酸化数を取り、ルイス酸としての性質をもつハロゲン化物や、ホウ酸塩鉱物中で見られるホウ酸塩、三中心二電子結合と呼ばれる特殊な結合様式を取るボランなどがある。ホウ素には13の既知の同位体があり、天然に存在するホウ素は80.1%の11Bと19.9%の10Bからなっている。ホウ素は地殻中の存在率が比較的低い元素であるが、鉱床を形成するため容易に採掘可能であることから人類による利用の歴史は長く、古くから釉薬として使われていた。現代ではガラス向けの用途に使われることが多く、2011年のホウ酸塩消費量のおよそ60%がガラス用として消費されている。その他、半導体のドーパントや超硬度材料、音響材料、殺虫剤などに利用される。植物にとってホウ素は細胞壁を維持するために必要な必須元素であり、ホウ素の欠乏によって成長障害が引き起こされる。動物にとっても必須元素であると考えられているが、その生物学的な役割はよく知られていない。ヒトや動物に対しては食塩と同程度に無毒な物質であるが、植物では高濃度のホウ素を含む土壌で葉の壊死などの障害が発生し、昆虫に対しては強い毒性を示す。
rdfs:label
  • ホウ素
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:above of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:left of
is prop-ja:right of
is foaf:primaryTopic of