Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペーター・ミーク(Peter Mieg, 1906年9月5日 - 1990年12月7日)は、スイスの作曲家、画家、評論家。アールガウ州レンツブルク出身。学生時代よりピアノを学び、1918年以前より作曲を行っている。1927年に中等教育を終えると、チューリッヒ、バーゼル、パリで美術史、考古学、音楽史、ドイツ文学、フランス語を学んだ。また同時にピアノのレッスンも続けた。1933年にスイスの水彩画に関する論文を著し、以後さまざまな雑誌で美術・音楽・文学評論家として執筆活動を行った。1933年から1939年の間にパウル・ザッハー、バルトーク・ベーラ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、アルテュール・オネゲル、ボフスラフ・マルティヌーと知り合っている。1942年よりフランク・マルタンから作曲についてのアドバイスを受けるようになった。その結果1950年代から作曲家として飛躍を果たし、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、ラジオ・バーゼル、ルツェルン音楽祭弦楽合奏団から委嘱を受けるようになり、国内外で作品が演奏された。作品は協奏曲、室内楽曲、ピアノ曲など135曲あり、新古典主義音楽の性格を持っている。1961年にアクリル画・ガッシュ画の個展を開いた。彼が残した絵画は静物画や風景画など数百点にのぼる。1967年にはレンツベルクの詩学の著書を著し、1978年には小説を3作著し、1986年に回顧録を著した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2202520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46904317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペーター・ミーク(Peter Mieg, 1906年9月5日 - 1990年12月7日)は、スイスの作曲家、画家、評論家。アールガウ州レンツブルク出身。学生時代よりピアノを学び、1918年以前より作曲を行っている。1927年に中等教育を終えると、チューリッヒ、バーゼル、パリで美術史、考古学、音楽史、ドイツ文学、フランス語を学んだ。また同時にピアノのレッスンも続けた。1933年にスイスの水彩画に関する論文を著し、以後さまざまな雑誌で美術・音楽・文学評論家として執筆活動を行った。1933年から1939年の間にパウル・ザッハー、バルトーク・ベーラ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、アルテュール・オネゲル、ボフスラフ・マルティヌーと知り合っている。1942年よりフランク・マルタンから作曲についてのアドバイスを受けるようになった。その結果1950年代から作曲家として飛躍を果たし、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、ラジオ・バーゼル、ルツェルン音楽祭弦楽合奏団から委嘱を受けるようになり、国内外で作品が演奏された。作品は協奏曲、室内楽曲、ピアノ曲など135曲あり、新古典主義音楽の性格を持っている。1961年にアクリル画・ガッシュ画の個展を開いた。彼が残した絵画は静物画や風景画など数百点にのぼる。1967年にはレンツベルクの詩学の著書を著し、1978年には小説を3作著し、1986年に回顧録を著した。
rdfs:label
  • ペーター・ミーク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of