Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハン・ペーター・グリース(Johann Peter Griess、1829年9月6日 - 1888年8月30日)は、ドイツ連邦ヘッセン選帝侯国(現カッセル行政管区)ヴァルトカペル出身の化学者。1858年、一級アミンを酸性水溶液中で亜硝酸塩(主に亜硝酸ナトリウム)に作用させると、ジアゾニウム塩を生成することを発見し、合成染料開発の功労、染料工業の発展である基礎を形成したとして名高い。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2692031 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47482439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨハン・ペーター・グリース(Johann Peter Griess、1829年9月6日 - 1888年8月30日)は、ドイツ連邦ヘッセン選帝侯国(現カッセル行政管区)ヴァルトカペル出身の化学者。1858年、一級アミンを酸性水溶液中で亜硝酸塩(主に亜硝酸ナトリウム)に作用させると、ジアゾニウム塩を生成することを発見し、合成染料開発の功労、染料工業の発展である基礎を形成したとして名高い。
rdfs:label
  • ペーター・グリース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of