Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペンシルテストとは、被験者の髪質がアフロ的であるかを評価する試験である。ペンシル(鉛筆)を被験者の髪へ通過させてテストするもので、合否の判定結果はきわめて容易に得られる。アパルトヘイト時代の南アフリカにおいて、このテストは白人、有色人種、黒人に分類される人種的アイデンティティーを測定するために用いられた。人種的な線引きとみなされた基準にしたがって、現実のコミュニティや家族が分裂を余儀なくされたことに対して、このテストの影響を否定することはできない。1994年にアパルトヘイトが終わると、このテストからも公的な権威は失われた。しかしその後も南アフリカにおけるペンシルテストは文化遺産の重要な一面であり、レイシズムの象徴であり続けた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3083213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58887111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペンシルテストとは、被験者の髪質がアフロ的であるかを評価する試験である。ペンシル(鉛筆)を被験者の髪へ通過させてテストするもので、合否の判定結果はきわめて容易に得られる。アパルトヘイト時代の南アフリカにおいて、このテストは白人、有色人種、黒人に分類される人種的アイデンティティーを測定するために用いられた。人種的な線引きとみなされた基準にしたがって、現実のコミュニティや家族が分裂を余儀なくされたことに対して、このテストの影響を否定することはできない。1994年にアパルトヘイトが終わると、このテストからも公的な権威は失われた。しかしその後も南アフリカにおけるペンシルテストは文化遺産の重要な一面であり、レイシズムの象徴であり続けた。
rdfs:label
  • ペンシルテスト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of