Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペロプス(希:Πέλοψ、ラテン文字転記:Pelops、在位:紀元前210年-紀元前206年)はスパルタ末期の王である。ペロプスは先王リュクルゴスの子であり、紀元前210年の父の死に伴って王位に就いた。しかし、ペロプスの治世は長くは続かなかった。紀元前207年に後見人のマカニダスがアカイア同盟との戦い(マンティネイアの戦い)で敗死すると、マカニダスの地位にはナビスが就き、国政を縦にした。ナビスは成長したペロプスが自身に取って代わることを恐れ、彼を政権奪取の翌年に処刑した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1577987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 861 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55903914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペロプス(希:Πέλοψ、ラテン文字転記:Pelops、在位:紀元前210年-紀元前206年)はスパルタ末期の王である。ペロプスは先王リュクルゴスの子であり、紀元前210年の父の死に伴って王位に就いた。しかし、ペロプスの治世は長くは続かなかった。紀元前207年に後見人のマカニダスがアカイア同盟との戦い(マンティネイアの戦い)で敗死すると、マカニダスの地位にはナビスが就き、国政を縦にした。ナビスは成長したペロプスが自身に取って代わることを恐れ、彼を政権奪取の翌年に処刑した。
rdfs:label
  • ペロプス (スパルタ王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of