Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペロプス(古希: Πέλοψ, Pelops)はギリシア神話に登場する英雄である。ペロポネソス半島の地名はペロプスに由来している。タンタロスとエウリュアナッサの子。タンタロスはリディアのシピュロスからパフラゴニアにかけての王で、父はクロノス、母はレアーの娘プルートーだといわれるが、ゼウスやトモーロス山の神トモーロスが父だとする説、オーケアノスとテーテュースの子とする説もある。ペロプスの母エウリュアナッサは河神パクトーロスの娘だが、河神クサントスの娘エウリュテミスタであるという説やアムピダマースの娘クリュティアーとする説など異説が多い。オイノーマオスの娘ヒッポダメイアとの間にアトレウス、テュエステース、ピッテウス、アステュダメイア、リューシディケー、ニーキッペーをもうけた。また庶子にクリューシッポスがいた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 356313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3074 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51228663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペロプス(古希: Πέλοψ, Pelops)はギリシア神話に登場する英雄である。ペロポネソス半島の地名はペロプスに由来している。タンタロスとエウリュアナッサの子。タンタロスはリディアのシピュロスからパフラゴニアにかけての王で、父はクロノス、母はレアーの娘プルートーだといわれるが、ゼウスやトモーロス山の神トモーロスが父だとする説、オーケアノスとテーテュースの子とする説もある。ペロプスの母エウリュアナッサは河神パクトーロスの娘だが、河神クサントスの娘エウリュテミスタであるという説やアムピダマースの娘クリュティアーとする説など異説が多い。オイノーマオスの娘ヒッポダメイアとの間にアトレウス、テュエステース、ピッテウス、アステュダメイア、リューシディケー、ニーキッペーをもうけた。また庶子にクリューシッポスがいた。
rdfs:label
  • ペロプス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of