Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペルー海流(ペルーかいりゅう、英: Peru Current)とは南アメリカ大陸の西岸に沿って北上する海流で沿岸よりと沖合の二条の流帯に区分される。寒流で大気を冷却し、その結果海水が蒸発しないため雲ができにくく、降雨がなくなるため沿岸国チリのアタカマ砂漠を生じさせた。また、ガラパゴス諸島が赤道直下であるにもかかわらず過ごしやすいのは、この海流に起因する。プランクトンが豊富でアンチョビの漁獲が多い。別名、フンボルト海流(英: Humboldt Current)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 124278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50585666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペルー海流(ペルーかいりゅう、英: Peru Current)とは南アメリカ大陸の西岸に沿って北上する海流で沿岸よりと沖合の二条の流帯に区分される。寒流で大気を冷却し、その結果海水が蒸発しないため雲ができにくく、降雨がなくなるため沿岸国チリのアタカマ砂漠を生じさせた。また、ガラパゴス諸島が赤道直下であるにもかかわらず過ごしやすいのは、この海流に起因する。プランクトンが豊富でアンチョビの漁獲が多い。別名、フンボルト海流(英: Humboldt Current)。
rdfs:label
  • ペルー海流
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of