Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペルシン(Persin)はアボカドに含まれている殺菌作用のある毒素で、ごく最近になって分離された。通常ヒトに対しては無害だが、家畜が大量に摂取すると危険である。乳癌の治療薬としての利用が提案されている。ペルシンの化学作用はまだ解明されていない。しかしそれは脂肪酸に似ており、油脂によって運ばれ、果実の種子の核から果肉へ達する。ヒトへの悪影響は主にアレルギーを持つ個人に対するものと思われる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • [(R,12Z,15Z)-2-hydroxy-4-oxohenicosa-12,15-dienyl]acetate
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1290563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48561492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Persin2.svg
prop-ja:imagesize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • [-2-hydroxy-4-oxohenicosa-12,15-dienyl] acetate
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ペルシン(Persin)はアボカドに含まれている殺菌作用のある毒素で、ごく最近になって分離された。通常ヒトに対しては無害だが、家畜が大量に摂取すると危険である。乳癌の治療薬としての利用が提案されている。ペルシンの化学作用はまだ解明されていない。しかしそれは脂肪酸に似ており、油脂によって運ばれ、果実の種子の核から果肉へ達する。ヒトへの悪影響は主にアレルギーを持つ個人に対するものと思われる。
rdfs:label
  • ペルシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of