ペルシア語(ペルシアご、فارسی‌ , پارسی‌; Fārsī, Pārsī)は、イランを中心とする中東地域で話される言語。ペルシャ語、ファールシー語、パールシー語ともいう。 言語学的にはインド・ヨーロッパ語族-インド・イラン語派-イラン語群に分類される。ペルシア語は高度な文明を持っていた古代ペルシア帝国から現在に至るまでイラン高原を中心に使われ続けてきた言語であり、文献によって非常に古くまで系統をさかのぼることができる。ただし、現在のペルシア語にはアラビア語からの借用語が非常に多く、その形態は古代ペルシア語とはかなりの断絶がある。

Property Value
dbo:abstract
  • ペルシア語(ペルシアご、فارسی‌ , پارسی‌; Fārsī, Pārsī)は、イランを中心とする中東地域で話される言語。ペルシャ語、ファールシー語、パールシー語ともいう。 言語学的にはインド・ヨーロッパ語族-インド・イラン語派-イラン語群に分類される。ペルシア語は高度な文明を持っていた古代ペルシア帝国から現在に至るまでイラン高原を中心に使われ続けてきた言語であり、文献によって非常に古くまで系統をさかのぼることができる。ただし、現在のペルシア語にはアラビア語からの借用語が非常に多く、その形態は古代ペルシア語とはかなりの断絶がある。 (ja)
  • ペルシア語(ペルシアご、فارسی‌ , پارسی‌; Fārsī, Pārsī)は、イランを中心とする中東地域で話される言語。ペルシャ語、ファールシー語、パールシー語ともいう。 言語学的にはインド・ヨーロッパ語族-インド・イラン語派-イラン語群に分類される。ペルシア語は高度な文明を持っていた古代ペルシア帝国から現在に至るまでイラン高原を中心に使われ続けてきた言語であり、文献によって非常に古くまで系統をさかのぼることができる。ただし、現在のペルシア語にはアラビア語からの借用語が非常に多く、その形態は古代ペルシア語とはかなりの断絶がある。 (ja)
dbo:iso6391Code
  • fa
dbo:iso6393Code
  • fas
dbo:languageFamily
dbo:spokenIn
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 10064 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20204 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79925154 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:agency
  • * (ja)
  • * (ja)
prop-ja:altname
  • fārsi (ja)
  • fārsi (ja)
prop-ja:ancestor
prop-ja:dia
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ語族 (ja)
  • インド・ヨーロッパ語族 (ja)
prop-ja:glotto
  • fars1254 (ja)
  • fars1254 (ja)
prop-ja:glottorefname
  • Farsic ? Caucasian Tat (ja)
  • Farsic ? Caucasian Tat (ja)
prop-ja:imagecaption
  • ペルシア語のファールシー (ja)
  • ペルシア語のファールシー (ja)
prop-ja:imagesize
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:iso
  • fa (ja)
  • fas (ja)
  • fa (ja)
  • fas (ja)
prop-ja:iso2b
  • per (ja)
  • per (ja)
prop-ja:iso2t
  • fas (ja)
  • fas (ja)
prop-ja:lc
  • jpr (ja)
  • tgk (ja)
  • aiq (ja)
  • haz (ja)
  • prs (ja)
  • bhh (ja)
  • jdt (ja)
  • pes (ja)
  • phv (ja)
  • ttt (ja)
  • jpr (ja)
  • tgk (ja)
  • aiq (ja)
  • haz (ja)
  • prs (ja)
  • bhh (ja)
  • jdt (ja)
  • pes (ja)
  • phv (ja)
  • ttt (ja)
prop-ja:ld
  • タジク語 (ja)
  • ダリー語 (ja)
  • ジーディ (ja)
  • ブハラ語 (ja)
  • イラン・ペルシア語 (ja)
  • パフラヴィー語 (ja)
  • ムスリム・タート語 (ja)
  • ユダヤ・タート語 (ja)
  • タジク語 (ja)
  • ダリー語 (ja)
  • ジーディ (ja)
  • ブハラ語 (ja)
  • イラン・ペルシア語 (ja)
  • パフラヴィー語 (ja)
  • ムスリム・タート語 (ja)
  • ユダヤ・タート語 (ja)
prop-ja:listclass
  • hlist (ja)
  • hlist (ja)
prop-ja:map
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:mapcaption
  • ペルシア語話者の多い地域(方言を含む) (ja)
  • ペルシア語を公用語とする地域 (ja)
  • ペルシア語話者の多い地域(方言を含む) (ja)
  • ペルシア語を公用語とする地域 (ja)
prop-ja:name
  • ペルシア語 (ja)
  • ペルシア語 (ja)
prop-ja:nation
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:nativename
  • , (ja)
  • , (ja)
prop-ja:notice
  • IPA (ja)
  • IPA (ja)
prop-ja:rank
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:region
prop-ja:script
prop-ja:speakers
  • 7000 (xsd:integer)
  • (ja)
prop-ja:stand
prop-ja:states
  • (タジク語) (ja)
  • (ダリー語) (ja)
  • (タジク語) (ja)
  • (ダリー語) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ペルシア語(ペルシアご、فارسی‌ , پارسی‌; Fārsī, Pārsī)は、イランを中心とする中東地域で話される言語。ペルシャ語、ファールシー語、パールシー語ともいう。 言語学的にはインド・ヨーロッパ語族-インド・イラン語派-イラン語群に分類される。ペルシア語は高度な文明を持っていた古代ペルシア帝国から現在に至るまでイラン高原を中心に使われ続けてきた言語であり、文献によって非常に古くまで系統をさかのぼることができる。ただし、現在のペルシア語にはアラビア語からの借用語が非常に多く、その形態は古代ペルシア語とはかなりの断絶がある。 (ja)
  • ペルシア語(ペルシアご、فارسی‌ , پارسی‌; Fārsī, Pārsī)は、イランを中心とする中東地域で話される言語。ペルシャ語、ファールシー語、パールシー語ともいう。 言語学的にはインド・ヨーロッパ語族-インド・イラン語派-イラン語群に分類される。ペルシア語は高度な文明を持っていた古代ペルシア帝国から現在に至るまでイラン高原を中心に使われ続けてきた言語であり、文献によって非常に古くまで系統をさかのぼることができる。ただし、現在のペルシア語にはアラビア語からの借用語が非常に多く、その形態は古代ペルシア語とはかなりの断絶がある。 (ja)
rdfs:label
  • ペルシア語 (ja)
  • ペルシア語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ペルシア語 (ja)
  • , (ja)
  • ペルシア語 (ja)
  • , (ja)
is dbo:language of
is dbo:languageFamily of
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:blankInfoSec of
is prop-ja:commonLanguages of
is prop-ja:fam of
is prop-ja:langs of
is prop-ja:language of
is prop-ja:languages of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:その他 of
is prop-ja:使用言語 of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:原語名 of
is prop-ja:言語 of
is prop-ja:題名 of
is foaf:primaryTopic of