Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ペルシア人』(希: Πέρσαι, Persai, ペルサイ、羅: Persae)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇。紀元前5世紀に起きたペルシア戦争におけるサラミスの海戦での敗北に対するペルシア人の反応を題材としている。散逸せずに現存しているギリシア悲劇作品の中では、最古の作品である。神話を題材とするのが通例のギリシア悲劇にあって、同時代の事件を題材として作品の存在は本作とプリュニコスによる『フェニキアの女たち』と『ミレトスの陥落』のみしか伝わっておらず、現存するのは本作が唯一である。本作を挟む形で『ピーネウス』『グラウコス』が存在して三部作を構成し、ここにサテュロス劇『プローメテウス』を加えた計四作が、紀元前472年の大ディオニューシア祭で上演され、アイスキュロスが優勝した。初演は紀元前472年であるが、その後、アイスキュロスがシラクサに渡るにあたって当地で再演された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2450058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55457958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ペルシア人』(希: Πέρσαι, Persai, ペルサイ、羅: Persae)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇。紀元前5世紀に起きたペルシア戦争におけるサラミスの海戦での敗北に対するペルシア人の反応を題材としている。散逸せずに現存しているギリシア悲劇作品の中では、最古の作品である。神話を題材とするのが通例のギリシア悲劇にあって、同時代の事件を題材として作品の存在は本作とプリュニコスによる『フェニキアの女たち』と『ミレトスの陥落』のみしか伝わっておらず、現存するのは本作が唯一である。本作を挟む形で『ピーネウス』『グラウコス』が存在して三部作を構成し、ここにサテュロス劇『プローメテウス』を加えた計四作が、紀元前472年の大ディオニューシア祭で上演され、アイスキュロスが優勝した。初演は紀元前472年であるが、その後、アイスキュロスがシラクサに渡るにあたって当地で再演された。
rdfs:label
  • ペルシア人 (アイスキュロス)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of