Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペルオキシダーゼ (EC番号 1.11.1.x) は、ペルオキシド構造を酸化的に切断して2つのヒドロキシル基に分解する酵素である。つまり、という反応を触媒する。活性部位にヘムを補因子として含んでいたり、酸化還元活性を持つシステインやセレノシステインを持つことが多い。ペルオキシダーゼのほとんどは、PeroxiBase データベースに登録されている。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9003-99-0
dbpedia-owl:ecNumber
  • 1.11.1.7
  • 1/11/1/7
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1656001 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57501025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:casNumber
  • 9003 (xsd:integer)
prop-ja:ecNumber
  • 1.110000 (xsd:double)
prop-ja:goCode
  • 4601 (xsd:integer)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ペルオキシダーゼ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ペルオキシダーゼ (EC番号 1.11.1.x) は、ペルオキシド構造を酸化的に切断して2つのヒドロキシル基に分解する酵素である。つまり、という反応を触媒する。活性部位にヘムを補因子として含んでいたり、酸化還元活性を持つシステインやセレノシステインを持つことが多い。ペルオキシダーゼのほとんどは、PeroxiBase データベースに登録されている。
rdfs:label
  • ペルオキシダーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ペルオキシダーゼ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of