Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペプチド合成(ペプチドごうせい、英: peptide synthesis)とは、ヒトが設計した通りのアミノ酸配列を持つペプチドを合成する手法のことである。ペプチド合成の手法の1つとして、まず純粋に有機合成化学の手法によって合成する方法がある。この方法では天然には存在しないアミノ酸等の構成ユニットを持つペプチドを合成することが可能である。また、生体内ではDNAがRNAに転写され、さらにRNAが翻訳されることによって、設計図であるDNAに記録されている通りのアミノ酸配列を持つペプチドが生合成されている。そのため、望むアミノ酸配列に対応するDNAを細胞に導入してやれば、この生体内のペプチド合成機構を利用して、望むアミノ酸配列を持つペプチドを合成させることができる。この方法は遺伝子工学を利用して行なわれる。望むペプチドを産生する細胞を増殖させることができるため、この方法はペプチドの量産化に向いている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1092138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59185551 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペプチド合成(ペプチドごうせい、英: peptide synthesis)とは、ヒトが設計した通りのアミノ酸配列を持つペプチドを合成する手法のことである。ペプチド合成の手法の1つとして、まず純粋に有機合成化学の手法によって合成する方法がある。この方法では天然には存在しないアミノ酸等の構成ユニットを持つペプチドを合成することが可能である。また、生体内ではDNAがRNAに転写され、さらにRNAが翻訳されることによって、設計図であるDNAに記録されている通りのアミノ酸配列を持つペプチドが生合成されている。そのため、望むアミノ酸配列に対応するDNAを細胞に導入してやれば、この生体内のペプチド合成機構を利用して、望むアミノ酸配列を持つペプチドを合成させることができる。この方法は遺伝子工学を利用して行なわれる。望むペプチドを産生する細胞を増殖させることができるため、この方法はペプチドの量産化に向いている。
rdfs:label
  • ペプチド合成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of