Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペスト菌(Yersinia pestis、エルシニア・ペスティス)は、グラム陰性の通性嫌気性細菌であり、腸内細菌科に属する。両極染色で、外見は安全ピンのような形に見え、ペストの病原体となる。ペストは人類の歴史を通じて最も致死率の高かった伝染病であり、1347年から1353年にかけて流行した際にはヨーロッパの全人口の約3分の1が死滅した(1347年10月、中央アジアからイタリアのメッシーナに上陸、1348年にはアルプス以北のヨーロッパにも到達)。単独では運動性を持つが、宿主中にいる時には運動性を持たない。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgrey
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:domain
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:species
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 31423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56125530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ドメイン
prop-ja:名称
  • ペスト菌
prop-ja:学名
  • Yersinia pestis
  • van Loghem 1944
prop-ja:
prop-ja:画像
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 走査型電子顕微鏡写真(×20,000)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • ペスト菌 Y. pestis
prop-ja:
prop-ja:
  • lightgrey
prop-ja:
dc:description
  • 走査型電子顕微鏡写真(×20,000)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ペスト菌(Yersinia pestis、エルシニア・ペスティス)は、グラム陰性の通性嫌気性細菌であり、腸内細菌科に属する。両極染色で、外見は安全ピンのような形に見え、ペストの病原体となる。ペストは人類の歴史を通じて最も致死率の高かった伝染病であり、1347年から1353年にかけて流行した際にはヨーロッパの全人口の約3分の1が死滅した(1347年10月、中央アジアからイタリアのメッシーナに上陸、1348年にはアルプス以北のヨーロッパにも到達)。単独では運動性を持つが、宿主中にいる時には運動性を持たない。
rdfs:label
  • ペスト菌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ペスト菌
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of