Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペイトー(古希: Πειθώ, Peitho)は、ギリシア神話に登場する「説得」の女神。長母音を省略してペイトとも表記される。ローマ神話におけるスアデラ(Suadela)に相当する。ヘルメースとアプロディーテーの娘で、一説にアプロディーテーの侍女とされたり、アプロディーテーの別称とされたりする。またパウサニアスによれば美と優雅である女神・カリスの1柱であり、古代ギリシアの詩人・ヘルメシアナクス(Hermesianax)がアテーナイで信仰されていたアウクソーとヘーゲモネーの2柱以外に加える3人目のカリス女神。ノンノスの『ディオニュソス譚』ではディオニューソスとアプロディーテーの3人娘の1人であり、パーシテアー、ペイトー、アグライアーという「三美神」で構成されている。ヘルメースの妻とされた。オーケアノスとテーテュースの三千人の娘・オーケアニデスの中で最も年長のニンフと同名であるが、ゼウスの子・アルゴスの妻とされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2874641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55718204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペイトー(古希: Πειθώ, Peitho)は、ギリシア神話に登場する「説得」の女神。長母音を省略してペイトとも表記される。ローマ神話におけるスアデラ(Suadela)に相当する。ヘルメースとアプロディーテーの娘で、一説にアプロディーテーの侍女とされたり、アプロディーテーの別称とされたりする。またパウサニアスによれば美と優雅である女神・カリスの1柱であり、古代ギリシアの詩人・ヘルメシアナクス(Hermesianax)がアテーナイで信仰されていたアウクソーとヘーゲモネーの2柱以外に加える3人目のカリス女神。ノンノスの『ディオニュソス譚』ではディオニューソスとアプロディーテーの3人娘の1人であり、パーシテアー、ペイトー、アグライアーという「三美神」で構成されている。ヘルメースの妻とされた。オーケアノスとテーテュースの三千人の娘・オーケアニデスの中で最も年長のニンフと同名であるが、ゼウスの子・アルゴスの妻とされる。
rdfs:label
  • ペイトー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of