Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ペイカン(ペルシャ語: پیکان‎、英: Paykan, 発音はピーキャンとも)はイランのイラン・ホドロ社で生産されていた乗用車。1967年から2005年5月まで40年近く生産された。大部分はオフホワイトに塗装されていてイランで多く見られた。この車は1966年型のイギリスのルーツ・グループによって設計されたヒルマン・ハンター/ルーツ・アローが原型となっている。すでにクライスラー傘下であったルーツ・グループは、1967年にイラン向けにヒルマン・ハンター(ルーツ・アロー)のノックダウン生産キットを輸出し始め、組み立てはイランのイラン・ナショナル社(現:イラン・ホドロ社)で行なわれた。1978年にルーツ・グループがPSA・プジョーシトロエンに買収されたため、スコットランドのリンウッド工場でのヒルマン・ハンターの生産は終了し、生産設備はイランに売却された。ペイカンは、2005年までPSAグループのライセンスのもとで生産された。1966年型モデルのままの部分も多いが、エンジンは原型の1725ccのルーツのエンジンから、プジョー・504のドライブユニットに変更された。燃料消費が悪く、時代遅れであったが生産は続けられ、生産の最終年度でも2年分の注文を抱えていた。イラン・ホドロ社はペイカンの生産で自動車開発のノウハウを獲得し、サマンドを自社開発した。最近はPSAグループからプジョー・405ブレークや RD(405のボディとペイカンのシャーシの折衷車)、プジョー・206の生産を委託されている。2005年5月に生産は打ち切られ、ルノー・ロガン(現地名Tondar)やサマンドに後継の座をゆずった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 264377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46836851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像名
  • peykan.jpg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • 1.500000 (xsd:double)
prop-ja:ホイールベース
  • 2502.0
prop-ja:ボディタイプ
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:乗車定員
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 1613.0
prop-ja:全長
  • 4267.0
prop-ja:全高
  • 1422.0
prop-ja:後継
prop-ja:製造期間
  • 1967 (xsd:integer)
prop-ja:車両重量
  • 925.0
prop-ja:車名
  • ペイカン(
prop-ja:車種
  • 乗用車
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ペイカン(ペルシャ語: پیکان‎、英: Paykan, 発音はピーキャンとも)はイランのイラン・ホドロ社で生産されていた乗用車。1967年から2005年5月まで40年近く生産された。大部分はオフホワイトに塗装されていてイランで多く見られた。この車は1966年型のイギリスのルーツ・グループによって設計されたヒルマン・ハンター/ルーツ・アローが原型となっている。すでにクライスラー傘下であったルーツ・グループは、1967年にイラン向けにヒルマン・ハンター(ルーツ・アロー)のノックダウン生産キットを輸出し始め、組み立てはイランのイラン・ナショナル社(現:イラン・ホドロ社)で行なわれた。1978年にルーツ・グループがPSA・プジョーシトロエンに買収されたため、スコットランドのリンウッド工場でのヒルマン・ハンターの生産は終了し、生産設備はイランに売却された。ペイカンは、2005年までPSAグループのライセンスのもとで生産された。1966年型モデルのままの部分も多いが、エンジンは原型の1725ccのルーツのエンジンから、プジョー・504のドライブユニットに変更された。燃料消費が悪く、時代遅れであったが生産は続けられ、生産の最終年度でも2年分の注文を抱えていた。イラン・ホドロ社はペイカンの生産で自動車開発のノウハウを獲得し、サマンドを自社開発した。最近はPSAグループからプジョー・405ブレークや RD(405のボディとペイカンのシャーシの折衷車)、プジョー・206の生産を委託されている。2005年5月に生産は打ち切られ、ルノー・ロガン(現地名Tondar)やサマンドに後継の座をゆずった。
rdfs:label
  • ペイカン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of