Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ペアヌード』(Pair-Nude)とは、和製英語で2人のヌードモデルを写した写真・映像、およびそのような状態を指す語。羽賀研二・梅宮アンナをモデルにした写真集の広告が「ヘアヌード」という言葉をアレンジして「ペア・ヌード」と表記したことで一般に使われるようになった。様するに「ペアヌード」とは、「ヘア・ヌード」に対義して作られた派生俗語といえる。そもそもこの「ペアヌード」という言葉が世間に広がる以前より、2人の美少女ヌードモデルを被写体にした写真が1980年代から使われており、ロリコン雑誌『ヘイ!バディー』(当時の発売元:三和出版)でパブリシティ写真として黒松隆の撮影による「少女マユミとアサミ」が、同名のビデオソフトとのタイアップで使用された写真を嚆矢とする。80年代前半はロリータアイドル中心であったが、やがて80年代後半以降になると、ハイティーン・ヌードモデルとAV女優によるヌード写真集『ハーモニー ~美咲由佳・船山美奈 写真集~』が掲載される。当時、14歳以上のヌードモデルは陰毛を剃らなければならないため、警察庁・警視庁への呼び出しによるお叱りというのはなかったものの、モデル自身にとっては少し違和感があったとされる。その後、1990年代になり、羽賀研二・梅宮アンナの写真集の広告が男女2人の裸体を、陰毛を見せる「ヘア・ヌード」という言葉をもじって「ペア・ヌード」と紹介されたことをきっかけにして、広く一般に広まるようになった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 458217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58555094 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cleanup
  • --02-09
prop-ja:date
  • --02-09
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --02-09
prop-ja:孤立
  • --02-09
prop-ja:独自研究
  • --02-09
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ペアヌード』(Pair-Nude)とは、和製英語で2人のヌードモデルを写した写真・映像、およびそのような状態を指す語。羽賀研二・梅宮アンナをモデルにした写真集の広告が「ヘアヌード」という言葉をアレンジして「ペア・ヌード」と表記したことで一般に使われるようになった。様するに「ペアヌード」とは、「ヘア・ヌード」に対義して作られた派生俗語といえる。そもそもこの「ペアヌード」という言葉が世間に広がる以前より、2人の美少女ヌードモデルを被写体にした写真が1980年代から使われており、ロリコン雑誌『ヘイ!バディー』(当時の発売元:三和出版)でパブリシティ写真として黒松隆の撮影による「少女マユミとアサミ」が、同名のビデオソフトとのタイアップで使用された写真を嚆矢とする。80年代前半はロリータアイドル中心であったが、やがて80年代後半以降になると、ハイティーン・ヌードモデルとAV女優によるヌード写真集『ハーモニー ~美咲由佳・船山美奈 写真集~』が掲載される。当時、14歳以上のヌードモデルは陰毛を剃らなければならないため、警察庁・警視庁への呼び出しによるお叱りというのはなかったものの、モデル自身にとっては少し違和感があったとされる。その後、1990年代になり、羽賀研二・梅宮アンナの写真集の広告が男女2人の裸体を、陰毛を見せる「ヘア・ヌード」という言葉をもじって「ペア・ヌード」と紹介されたことをきっかけにして、広く一般に広まるようになった。
rdfs:label
  • ペアヌード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of