Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベーリング地峡(英: Bering Isthmus)は、氷河期にアラスカ(北アメリカ大陸)とシベリア(ユーラシア大陸)の間に存在した地峡。ベーリング陸橋(Bering land bridge)またはベーリンジア(Beringia)とも呼称される。最終氷期には、現在のベーリング海峡周辺からベーリング海にかけて南北の幅が最大1600kmにおよぶ陸地が広がっていた。人類がアメリカ大陸へ進出する際にたどった経路として取り上げられることが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 407864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53681687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベーリング地峡(英: Bering Isthmus)は、氷河期にアラスカ(北アメリカ大陸)とシベリア(ユーラシア大陸)の間に存在した地峡。ベーリング陸橋(Bering land bridge)またはベーリンジア(Beringia)とも呼称される。最終氷期には、現在のベーリング海峡周辺からベーリング海にかけて南北の幅が最大1600kmにおよぶ陸地が広がっていた。人類がアメリカ大陸へ進出する際にたどった経路として取り上げられることが多い。
rdfs:label
  • ベーリング地峡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of