Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベーラ2世 (II. Béla、1110年頃 - 1141年2月13日)は、ハンガリー王及びクロアチア王。彼は幼少時代に、男系年長者相続制の適用を恐れた伯父カールマーン1世によって両目を潰されていたことから、即位後『盲目王』とも呼ばれた。幼年時代を別々の修道院を転々として育てられた。従弟イシュトヴァーン2世に子供がなかったため、最も近親の男性として後継者に選ばれ、宮廷へ迎えられた。イシュトヴァーンの死後に即位。しかし、その治世の間断続的に、諸外国の軍事支援を受けたボリス・コンラド(カールマーン1世の子であると主張していた)との対立に悩まされることになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1436690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58759231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベーラ2世 (II. Béla、1110年頃 - 1141年2月13日)は、ハンガリー王及びクロアチア王。彼は幼少時代に、男系年長者相続制の適用を恐れた伯父カールマーン1世によって両目を潰されていたことから、即位後『盲目王』とも呼ばれた。幼年時代を別々の修道院を転々として育てられた。従弟イシュトヴァーン2世に子供がなかったため、最も近親の男性として後継者に選ばれ、宮廷へ迎えられた。イシュトヴァーンの死後に即位。しかし、その治世の間断続的に、諸外国の軍事支援を受けたボリス・コンラド(カールマーン1世の子であると主張していた)との対立に悩まされることになった。
rdfs:label
  • ベーラ2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of