Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベント・オーバー・ローイング(英: bent over rowing)は、ウエイトトレーニングの種目の一つである。主に広背筋・上腕二頭筋・三角筋後部・僧帽筋・菱形筋などに刺激を与え、筋量・筋力を増加させるのに効果がある。バーベルを使うノーマルなベント・オーバー・ロウイングの他、ダンベルを片手で扱って行うワンハンド・ロウイングがあるがその効果はほとんど同じものである。ただし腰を折ってかがむ姿勢をとるノーマルの方は腰を痛める危険があり、どちらかといえば上級者向き。ベンチなどに片手を突いて行うワンハンドのほうが初心者向きの種目である。どちらもウエイトを持ち上げるときには肘から下はリラックスしてだらりと下げ、上腕二頭筋を使わないように意識すること。上腕二頭筋の力で強引に持ち上げるとトレーニング効果は半減する。持ち上げると同時に肩甲骨を寄せていく。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1235743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47394838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベント・オーバー・ローイング(英: bent over rowing)は、ウエイトトレーニングの種目の一つである。主に広背筋・上腕二頭筋・三角筋後部・僧帽筋・菱形筋などに刺激を与え、筋量・筋力を増加させるのに効果がある。バーベルを使うノーマルなベント・オーバー・ロウイングの他、ダンベルを片手で扱って行うワンハンド・ロウイングがあるがその効果はほとんど同じものである。ただし腰を折ってかがむ姿勢をとるノーマルの方は腰を痛める危険があり、どちらかといえば上級者向き。ベンチなどに片手を突いて行うワンハンドのほうが初心者向きの種目である。どちらもウエイトを持ち上げるときには肘から下はリラックスしてだらりと下げ、上腕二頭筋を使わないように意識すること。上腕二頭筋の力で強引に持ち上げるとトレーニング効果は半減する。持ち上げると同時に肩甲骨を寄せていく。
rdfs:label
  • ベント・オーバー・ローイング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:list of
is foaf:primaryTopic of