Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベントナイト(英: bentonite)は、モンモリロナイトを主成分とする粘土の総称。工業、建設業で幅広く利用される。アメリカ合衆国ワイオミング州のフォートベントン (Fort Benton) 頁岩層にあることから命名された。層状のフィロケイ酸アルミニウムを多く含むため、吸水性とイオン交換性が高い。陽イオンとしてアルミニウムのほかにナトリウム、カルシウム、カリウムなどを含むものがあり、これらの陽イオン種によって分類される。火山灰が水による変性作用を受けて生じたものが多い。日本では、酸性を示すものは酸性白土といい、中性からアルカリ性を示すものを限定してベントナイトと呼ぶことが多い。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2430807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2621 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57338697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:accessdate
  • 2011-09-18 (xsd:date)
prop-ja:id
  • 9141 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Bentonite
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベントナイト(英: bentonite)は、モンモリロナイトを主成分とする粘土の総称。工業、建設業で幅広く利用される。アメリカ合衆国ワイオミング州のフォートベントン (Fort Benton) 頁岩層にあることから命名された。層状のフィロケイ酸アルミニウムを多く含むため、吸水性とイオン交換性が高い。陽イオンとしてアルミニウムのほかにナトリウム、カルシウム、カリウムなどを含むものがあり、これらの陽イオン種によって分類される。火山灰が水による変性作用を受けて生じたものが多い。日本では、酸性を示すものは酸性白土といい、中性からアルカリ性を示すものを限定してベントナイトと呼ぶことが多い。
rdfs:label
  • ベントナイト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of