Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベンゾピラン (benzopyran) は分子式C9H8Oを持つ有機化合物であり、ベンゼンとピランが縮環した構造を持つ含酸素複素環式化合物である。縮環した位置により、ベンゾピランには1-ベンゾピラン (クロメン, chromene) と2-ベンゾピラン (イソクロメン, isochromene) に分類でき、これらは互いに構造異性体の関係にある。飽和炭素 (二重結合を持たない炭素) の位置を考慮すればさらに多くの構造異性体が挙げられる。主なベンゾピランは下表のとおりである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2329363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46848302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベンゾピラン (benzopyran) は分子式C9H8Oを持つ有機化合物であり、ベンゼンとピランが縮環した構造を持つ含酸素複素環式化合物である。縮環した位置により、ベンゾピランには1-ベンゾピラン (クロメン, chromene) と2-ベンゾピラン (イソクロメン, isochromene) に分類でき、これらは互いに構造異性体の関係にある。飽和炭素 (二重結合を持たない炭素) の位置を考慮すればさらに多くの構造異性体が挙げられる。主なベンゾピランは下表のとおりである。
rdfs:label
  • ベンゾピラン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of