Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベンジャミン・ヴィクター・コーエン(Benjamin Victor Cohen、1894年9月23日(インディアナ州マンシー) – 1983年8月15日(ワシントンD.C.))は、ニュー・ディール初期からヴェトナム戦争末期まで官界に籍を置き、1933年から1952年に至るフランクリン・ローズヴェルト及びハリー・S・トルーマン政権内の重要人物であった。彼は、1919年から1921年にかけて米国のシオニズム運動のための法律顧問であり、1922年から1933年にかけてニューヨークの企業弁護士であった。コーエンは、フランクリン・D・ルーズベルト大統領のブレイン・トラストの一員として国家情勢に初めて関与した。1933年、当時のハーヴァード大学法科大学院教授フィリックス・フランクファーターが証券法案を策定するためにコーエン、トーマス・コーコラン、及びジェームズ・M・ランディスを呼んだとき、コーエンはローズヴェルトの行政組織の一員となった。その年遅く、コーエンは鉄道関連法案の策定を命ぜられた。ニュー・ディール期のコーエンは、主にコーコランと共に働いた。彼らは「砂金の双子 (gold dust twins) 」として知られ、『タイム』誌(1938年9月12日号)の表紙を飾った。1941年、米国の第二次世界大戦参戦が近づいていた頃、彼は武器貸与計画の策定を助けた。コーエンは、国連設立につながるダンバートン・オークス会議のためのダンバートン・オークス協定案の策定をも支援した。教育:シカゴ大学(哲学士、1914年。法務博士、1915年)。ハーヴァード法科大学院 (法学博士、1916年)コーエンは、著名な舞踏史家であるセルマ・ジーン・コーエンのおじであった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1550419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54449613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベンジャミン・ヴィクター・コーエン(Benjamin Victor Cohen、1894年9月23日(インディアナ州マンシー) – 1983年8月15日(ワシントンD.C.))は、ニュー・ディール初期からヴェトナム戦争末期まで官界に籍を置き、1933年から1952年に至るフランクリン・ローズヴェルト及びハリー・S・トルーマン政権内の重要人物であった。彼は、1919年から1921年にかけて米国のシオニズム運動のための法律顧問であり、1922年から1933年にかけてニューヨークの企業弁護士であった。コーエンは、フランクリン・D・ルーズベルト大統領のブレイン・トラストの一員として国家情勢に初めて関与した。1933年、当時のハーヴァード大学法科大学院教授フィリックス・フランクファーターが証券法案を策定するためにコーエン、トーマス・コーコラン、及びジェームズ・M・ランディスを呼んだとき、コーエンはローズヴェルトの行政組織の一員となった。その年遅く、コーエンは鉄道関連法案の策定を命ぜられた。ニュー・ディール期のコーエンは、主にコーコランと共に働いた。彼らは「砂金の双子 (gold dust twins) 」として知られ、『タイム』誌(1938年9月12日号)の表紙を飾った。1941年、米国の第二次世界大戦参戦が近づいていた頃、彼は武器貸与計画の策定を助けた。コーエンは、国連設立につながるダンバートン・オークス会議のためのダンバートン・オークス協定案の策定をも支援した。教育:シカゴ大学(哲学士、1914年。法務博士、1915年)。ハーヴァード法科大学院 (法学博士、1916年)コーエンは、著名な舞踏史家であるセルマ・ジーン・コーエンのおじであった。
rdfs:label
  • ベンジャミン・ヴィクター・コーエン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of