Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベンジャミン・ハリソン(Benjamin Harrison, 1833年8月20日 - 1901年3月13日)は、第23代アメリカ合衆国大統領。祖父は第9代大統領ウィリアム・H・ハリソン。ハリソンはオハイオ州ノースベンドに生まれ、21歳のときにインディアナ州インディアナポリスに移り住み、そこで政治家として成功した。南北戦争の間、彼は准将としてカンバーランド陸軍の第20軍に所属した。戦後彼はインディアナ州知事選に出馬したが落選した。その後同州から上院議員に選出された。1888年、ハリソンは共和党大統領候補に選出され、民主党の現職グロバー・クリーブランドを破って大統領に当選した。その任期はマッキンリー関税とシャーマン法を含む経済政策および、初めて10億ドルに達した連邦政府の年間支出で特徴付けられる。民主党は「1000000000ドルの議会」を攻撃し、その材料に不評を囲った高率関税に伴う問題を使用した。そして1890年の中間選挙および1892年の大統領選両方で共和党は敗北する。彼はまた、6つの州が合衆国に再加入したときの大統領であった。1892年の大統領選ではクリーブランドに敗れ、再選に失敗したハリソンはインディアナポリスでの私生活に戻った。彼は後にベネズエラ共和国とイギリスの国際裁判でベネズエラの弁護を担当した。1900年に彼は裁判に関連してヨーロッパを訪問し、短期間の滞在の後にインディアナポリスに戻り、翌年インフルエンザからの合併症で死去した。彼はインディアナ州から選出された唯一の大統領であり、祖父も大統領であった唯一の大統領である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1114329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57272561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:almaMater
prop-ja:alongside
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • オハイオ州ノースベンド
prop-ja:branch
prop-ja:children
prop-ja:class
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:commands
prop-ja:deathDate
  • 1901-03-13 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • インディアナ州インディアナポリス
prop-ja:id
  • Benjamin+Harrison
prop-ja:jr/sr
  • アメリカ合衆国上院議員
prop-ja:name
  • Benjamin Harrison
  • ベンジャミン・ハリソン
prop-ja:occupation
prop-ja:order
prop-ja:party
prop-ja:predecessor
prop-ja:rank
prop-ja:religion
prop-ja:signature
  • Benjamin Harrison Signature-2.svg
prop-ja:signatureAlt
  • Cursive signature in ink
prop-ja:spouse
prop-ja:state
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --03-04
prop-ja:termStart
  • --03-04
prop-ja:title
prop-ja:unit
prop-ja:vicepresident
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1888 (xsd:integer)
  • --01-17
  • --03-04
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベンジャミン・ハリソン(Benjamin Harrison, 1833年8月20日 - 1901年3月13日)は、第23代アメリカ合衆国大統領。祖父は第9代大統領ウィリアム・H・ハリソン。ハリソンはオハイオ州ノースベンドに生まれ、21歳のときにインディアナ州インディアナポリスに移り住み、そこで政治家として成功した。南北戦争の間、彼は准将としてカンバーランド陸軍の第20軍に所属した。戦後彼はインディアナ州知事選に出馬したが落選した。その後同州から上院議員に選出された。1888年、ハリソンは共和党大統領候補に選出され、民主党の現職グロバー・クリーブランドを破って大統領に当選した。その任期はマッキンリー関税とシャーマン法を含む経済政策および、初めて10億ドルに達した連邦政府の年間支出で特徴付けられる。民主党は「1000000000ドルの議会」を攻撃し、その材料に不評を囲った高率関税に伴う問題を使用した。そして1890年の中間選挙および1892年の大統領選両方で共和党は敗北する。彼はまた、6つの州が合衆国に再加入したときの大統領であった。1892年の大統領選ではクリーブランドに敗れ、再選に失敗したハリソンはインディアナポリスでの私生活に戻った。彼は後にベネズエラ共和国とイギリスの国際裁判でベネズエラの弁護を担当した。1900年に彼は裁判に関連してヨーロッパを訪問し、短期間の滞在の後にインディアナポリスに戻り、翌年インフルエンザからの合併症で死去した。彼はインディアナ州から選出された唯一の大統領であり、祖父も大統領であった唯一の大統領である。
rdfs:label
  • ベンジャミン・ハリソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:alongside of
is prop-ja:nominator of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:president of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:元首 of
is foaf:primaryTopic of