ベレー帽(ベレーぼう、フランス語: béret)は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子である。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られる。 ベレー帽の形は、かつては、円周が比較的小さな「バスク・ベレー」と大きな「ブレトン・ベレー」とに分けられたこともあったが、今日では、頂点のチョボ(ポッチ)と内側のビン革(スベリ)があるバスクベレーと、それらがなく、かぶり口にトリミングが施されたアーミーベレー(ミリタリーベレー、モンティベレー)に分類されるのが一般であろう。もっとも、両者の中間を含め、様々なデザインのものがある。 チョボは、布を用いず、羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において、束の要(中心)となった部分(の反対側を切り落としたもの)であったが、今日では、伝統的な作り方をしていないものでも付けられることがある。

Property Value
dbo:abstract
  • ベレー帽(ベレーぼう、フランス語: béret)は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子である。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られる。 ベレー帽の形は、かつては、円周が比較的小さな「バスク・ベレー」と大きな「ブレトン・ベレー」とに分けられたこともあったが、今日では、頂点のチョボ(ポッチ)と内側のビン革(スベリ)があるバスクベレーと、それらがなく、かぶり口にトリミングが施されたアーミーベレー(ミリタリーベレー、モンティベレー)に分類されるのが一般であろう。もっとも、両者の中間を含め、様々なデザインのものがある。 チョボは、布を用いず、羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において、束の要(中心)となった部分(の反対側を切り落としたもの)であったが、今日では、伝統的な作り方をしていないものでも付けられることがある。 (ja)
  • ベレー帽(ベレーぼう、フランス語: béret)は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子である。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られる。 ベレー帽の形は、かつては、円周が比較的小さな「バスク・ベレー」と大きな「ブレトン・ベレー」とに分けられたこともあったが、今日では、頂点のチョボ(ポッチ)と内側のビン革(スベリ)があるバスクベレーと、それらがなく、かぶり口にトリミングが施されたアーミーベレー(ミリタリーベレー、モンティベレー)に分類されるのが一般であろう。もっとも、両者の中間を含め、様々なデザインのものがある。 チョボは、布を用いず、羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において、束の要(中心)となった部分(の反対側を切り落としたもの)であったが、今日では、伝統的な作り方をしていないものでも付けられることがある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 546535 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5489 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79905282 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ベレー帽(ベレーぼう、フランス語: béret)は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子である。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られる。 ベレー帽の形は、かつては、円周が比較的小さな「バスク・ベレー」と大きな「ブレトン・ベレー」とに分けられたこともあったが、今日では、頂点のチョボ(ポッチ)と内側のビン革(スベリ)があるバスクベレーと、それらがなく、かぶり口にトリミングが施されたアーミーベレー(ミリタリーベレー、モンティベレー)に分類されるのが一般であろう。もっとも、両者の中間を含め、様々なデザインのものがある。 チョボは、布を用いず、羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において、束の要(中心)となった部分(の反対側を切り落としたもの)であったが、今日では、伝統的な作り方をしていないものでも付けられることがある。 (ja)
  • ベレー帽(ベレーぼう、フランス語: béret)は、軟らかく、丸くて平らな、鍔や縁のない帽子である。ウールフェルト製が多いが、様々な素材で作られる。 ベレー帽の形は、かつては、円周が比較的小さな「バスク・ベレー」と大きな「ブレトン・ベレー」とに分けられたこともあったが、今日では、頂点のチョボ(ポッチ)と内側のビン革(スベリ)があるバスクベレーと、それらがなく、かぶり口にトリミングが施されたアーミーベレー(ミリタリーベレー、モンティベレー)に分類されるのが一般であろう。もっとも、両者の中間を含め、様々なデザインのものがある。 チョボは、布を用いず、羊毛の繊維束を木型の上に放射状に並べて織る伝統的なベレー帽製造工程において、束の要(中心)となった部分(の反対側を切り落としたもの)であったが、今日では、伝統的な作り方をしていないものでも付けられることがある。 (ja)
rdfs:label
  • ベレー帽 (ja)
  • ベレー帽 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of