Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベル・ホワイトスンまたはベルー・ホワイトサン (Beru Whitesun) は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物。オーウェン・ラーズの妻で、ルーク・スカイウォーカーのおばにあたる。ラーズ家に夫オーウェンの義兄弟アナキン・スカイウォーカーの遺児ルークがもたらされたのはジェダイが一掃され、銀河共和国が銀河帝国に換わった頃であった。隠遁するオビ=ワン・ケノービから生まれて間もない赤ん坊を託されたベルーは夫と共に銀河の争乱とは無縁の辺境惑星タトゥイーンでひっそりとルークを育てることとなる。成長したルークは優秀なパイロットになった。故郷を出て外の世界で生きることを夢見るルークに対して一定の理解を示すベルーであったが、ある日購入した2体のドロイド、C-3POとR2-D2が全ての転機となった。ドロイドを追ってきた帝国軍によってオーウェンとベルーは殺害されてしまうが、ルークは反乱同盟軍に身を投じジェダイとしても成長していくのであった。なお、スピンオフ小説「タトゥイーン・ゴースト」で彼女の妹が登場する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 51255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55670602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベル・ホワイトスンまたはベルー・ホワイトサン (Beru Whitesun) は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物。オーウェン・ラーズの妻で、ルーク・スカイウォーカーのおばにあたる。ラーズ家に夫オーウェンの義兄弟アナキン・スカイウォーカーの遺児ルークがもたらされたのはジェダイが一掃され、銀河共和国が銀河帝国に換わった頃であった。隠遁するオビ=ワン・ケノービから生まれて間もない赤ん坊を託されたベルーは夫と共に銀河の争乱とは無縁の辺境惑星タトゥイーンでひっそりとルークを育てることとなる。成長したルークは優秀なパイロットになった。故郷を出て外の世界で生きることを夢見るルークに対して一定の理解を示すベルーであったが、ある日購入した2体のドロイド、C-3POとR2-D2が全ての転機となった。ドロイドを追ってきた帝国軍によってオーウェンとベルーは殺害されてしまうが、ルークは反乱同盟軍に身を投じジェダイとしても成長していくのであった。なお、スピンオフ小説「タトゥイーン・ゴースト」で彼女の妹が登場する。
rdfs:label
  • ベル・ホワイトスン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:family of
is foaf:primaryTopic of