Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベルリーナー・ヴァイセ(ドイツ語: Berliner Weisse / Berliner Weiße、ドイツ語発音ではベアリーナー・ヴァイセに近い。ベルリンの白ビールを意味する。ベルリナー・ヴァイセやベルリナー・ヴァイスと表記されることもある)はドイツのベルリンで製造されている、酸味があり澄んでいないアルコール度数約3%の白ビールである。ベルリーナー・ヴァイセはドイツ北部で製造が盛んな白ビールの中のご当地ビールとでも言うべきものであり、その起源は少なくとも16世紀まで遡る。ベルリーナー・ヴァイセはオオムギとコムギのモルトを組み合わせて作るビールであり、色の形成を最小限にするためホップ乾燥所で極低温で保管する特徴を持つ。また、イーストと乳酸菌による醗酵もベルリーナー・ヴァイセを特徴付ける要素の一つである。カクテルのような鮮やかな色合いや、飲む際にストローを使用する点もベルリーナー・ヴァイセの特徴の一つである。19世紀後半までに、ベルリーナー・ヴァイセはベルリンで最も人気のあるアルコール飲料となり、約50のビール醸造所がベルリーナー・ヴァイセを作っていた。しかし、20世紀後半には、ベルリンでベルリーナー・ヴァイセを作る醸造所はわずか2つとなった。ベルリーナー・ヴァイセはEU内で原産地名称保護を受けており、ベルリンで醸造されるビールのみがベルリーナー・ヴァイセを名乗ることができる。アメリカ合衆国やカナダでは同様のスタイルのビールが醸造所で数多く販売されており、これらの醸造所はウァイス(Weisse)のラベルで販売を行っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3273077 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56697493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベルリーナー・ヴァイセ(ドイツ語: Berliner Weisse / Berliner Weiße、ドイツ語発音ではベアリーナー・ヴァイセに近い。ベルリンの白ビールを意味する。ベルリナー・ヴァイセやベルリナー・ヴァイスと表記されることもある)はドイツのベルリンで製造されている、酸味があり澄んでいないアルコール度数約3%の白ビールである。ベルリーナー・ヴァイセはドイツ北部で製造が盛んな白ビールの中のご当地ビールとでも言うべきものであり、その起源は少なくとも16世紀まで遡る。ベルリーナー・ヴァイセはオオムギとコムギのモルトを組み合わせて作るビールであり、色の形成を最小限にするためホップ乾燥所で極低温で保管する特徴を持つ。また、イーストと乳酸菌による醗酵もベルリーナー・ヴァイセを特徴付ける要素の一つである。カクテルのような鮮やかな色合いや、飲む際にストローを使用する点もベルリーナー・ヴァイセの特徴の一つである。19世紀後半までに、ベルリーナー・ヴァイセはベルリンで最も人気のあるアルコール飲料となり、約50のビール醸造所がベルリーナー・ヴァイセを作っていた。しかし、20世紀後半には、ベルリンでベルリーナー・ヴァイセを作る醸造所はわずか2つとなった。ベルリーナー・ヴァイセはEU内で原産地名称保護を受けており、ベルリンで醸造されるビールのみがベルリーナー・ヴァイセを名乗ることができる。アメリカ合衆国やカナダでは同様のスタイルのビールが醸造所で数多く販売されており、これらの醸造所はウァイス(Weisse)のラベルで販売を行っている。
rdfs:label
  • ベルリーナー・ヴァイセ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of