Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベルベリン(berberine)とはキハダ(ミカン科)やオウレン(キンポウゲ科)などの植物に含まれるベンジルイソキノリンアルカロイドの1種。ベルベリンという名前は、メギ科メギ属の属名(Berberis)に由来する。対アニオンの種類の違いにより、塩化ベルベリン、硫酸ベルベリン、タンニン酸ベルベリンなどが知られる。いずれも抗菌・抗炎症・中枢抑制・血圧降下などの作用があり、止瀉薬として下痢の症状に処方されるほか、目薬にも配合される。タンニン酸ベルベリンを除いて強い苦味がある。出血性大腸炎、細菌性下痢症では、症状の悪化や治療期間の延長をきたすおそれがあるため原則として禁忌である。ベルベリンの抗炎症作用はNF-κB遺伝子の不活性化等に基づくとされる。動物実験では、糖尿病性腎症の発症・進展抑制効果が示唆された。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 194943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59225310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Berberin.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 399353403 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ベルベリン(berberine)とはキハダ(ミカン科)やオウレン(キンポウゲ科)などの植物に含まれるベンジルイソキノリンアルカロイドの1種。ベルベリンという名前は、メギ科メギ属の属名(Berberis)に由来する。対アニオンの種類の違いにより、塩化ベルベリン、硫酸ベルベリン、タンニン酸ベルベリンなどが知られる。いずれも抗菌・抗炎症・中枢抑制・血圧降下などの作用があり、止瀉薬として下痢の症状に処方されるほか、目薬にも配合される。タンニン酸ベルベリンを除いて強い苦味がある。出血性大腸炎、細菌性下痢症では、症状の悪化や治療期間の延長をきたすおそれがあるため原則として禁忌である。ベルベリンの抗炎症作用はNF-κB遺伝子の不活性化等に基づくとされる。動物実験では、糖尿病性腎症の発症・進展抑制効果が示唆された。
rdfs:label
  • ベルベリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:compounds of
is foaf:primaryTopic of