Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベルナール・ロワゾー(Bernard Loiseau、1951年1月13日 - 2003年2月24日)は、フランスの料理人・実業家。バターを使ったこってりとした料理からの脱却を目指し、ヌーヴェル・キュイジーヌの影響もうけながら、素材の味を引き出すことに重点を置いた。バターやクリーム、オイルなど排除し、肉などの焼き汁を水でデグラセしてソースを作った彼の料理を、自らキュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)と呼んだ。ほぼゼロから独力のみで、凋落していたラ・コート・ドール(La Côte d'Or)を立て直し、レストラン・ガイドの『ゴー・ミヨ』誌で20点満点の19.5点の評価を得て、『赤ミシュラン』より三ツ星を獲得するまでに至った。しかし、2003年に突然自宅で自殺を図った。原因は不明だが、レストランガイドの評価を気にしたと噂された。某番組では、ミシュランガイドとは別のレストランガイドで、かなりの低評価を受け、その影響で彼自身のレストランにて銃で自殺を図ったと紹介された。 彼の死後直後に発行されたミシュランガイドでは星3つを維持していたことが判明した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 855865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58863704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベルナール・ロワゾー(Bernard Loiseau、1951年1月13日 - 2003年2月24日)は、フランスの料理人・実業家。バターを使ったこってりとした料理からの脱却を目指し、ヌーヴェル・キュイジーヌの影響もうけながら、素材の味を引き出すことに重点を置いた。バターやクリーム、オイルなど排除し、肉などの焼き汁を水でデグラセしてソースを作った彼の料理を、自らキュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)と呼んだ。ほぼゼロから独力のみで、凋落していたラ・コート・ドール(La Côte d'Or)を立て直し、レストラン・ガイドの『ゴー・ミヨ』誌で20点満点の19.5点の評価を得て、『赤ミシュラン』より三ツ星を獲得するまでに至った。しかし、2003年に突然自宅で自殺を図った。原因は不明だが、レストランガイドの評価を気にしたと噂された。某番組では、ミシュランガイドとは別のレストランガイドで、かなりの低評価を受け、その影響で彼自身のレストランにて銃で自殺を図ったと紹介された。 彼の死後直後に発行されたミシュランガイドでは星3つを維持していたことが判明した。
rdfs:label
  • ベルナール・ロワゾー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of