Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベリリウム(新ラテン語: beryllium, 英: beryllium)は原子番号 4 の元素。元素記号は Be。第2族元素に属し、原子量は 9.01218。ベリリウムは緑柱石などの鉱物から産出される。緑柱石は不純物に由来する色の違いによってアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石にも用いられる。常温、常圧で安定した結晶構造は六方最密充填構造 (HCP) である。単体は銀白色の金属で、空気中では表面に酸化被膜が生成され安定に存在できる。モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると展延性が増す。酸にもアルカリにも溶解する。ベリリウムの安定同位体は恒星の元素合成においては生成されず、宇宙線による核破砕によって炭素や窒素などのより重い元素から生成される。ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用され、その代表的なものにベリリウム銅合金がある。また、非常に強い曲げ強さ、熱的安定性および熱伝導率の高さ、金属としては比較的低い密度などの物理的性質を利用して、高速航空機やミサイル、宇宙船、通信衛星などの軍事産業や航空宇宙産業において構造部材として用いられる。ベリリウムは低密度かつ原子量が小さいためX線やその他電離放射線に対して透過性を示し、その特性を利用してX線装置や粒子物理学の試験におけるX線透過窓として用いられる。ベリリウムを含有するチリは人体へと吸入されることによって毒性を示すため、その商業利用には技術的な難点がある。ベリリウムは細胞組織に対して腐食性であり、慢性ベリリウム症と呼ばれる致死性の慢性疾患を引き起こす。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 55009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58465633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1stIonizationEnergy
  • 899.500000 (xsd:double)
prop-ja:2ndIonizationEnergy
  • 1757.100000 (xsd:double)
prop-ja:3rdIonizationEnergy
  • 14848.700000 (xsd:double)
prop-ja:above
  • -
prop-ja:appearance
  • 灰白色
prop-ja:atomicMass
  • 3 (xsd:integer)
  • 9.012182 (xsd:double)
prop-ja:atomicRadius
  • 112 (xsd:integer)
prop-ja:below
prop-ja:block
  • s
prop-ja:boilingPointC
  • 2469 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointF
  • 4476 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointK
  • 2742 (xsd:integer)
prop-ja:brinellHardness
  • 600 (xsd:integer)
prop-ja:bulkModulus
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 7440 (xsd:integer)
prop-ja:color
  • 銀白色
prop-ja:covalentRadius
  • 96 (xsd:integer)
prop-ja:crystalStructure
  • hexagonal
prop-ja:densityGpcm3mp
  • 1.690000 (xsd:double)
prop-ja:densityGpcm3nrt
  • 1.850000 (xsd:double)
prop-ja:electronConfiguration
  • 2.0
prop-ja:electronegativity
  • 1.570000 (xsd:double)
prop-ja:electronsPerShell
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:flammability
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:group
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:health
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:heatCapacity
  • 16.443000 (xsd:double)
prop-ja:heatFusion
  • 7.895000 (xsd:double)
prop-ja:heatVaporization
  • 297 (xsd:integer)
prop-ja:imageName
  • Be foils.jpg
prop-ja:japaneseCrystalStructure
prop-ja:japaneseName
  • ベリリウム
prop-ja:left
prop-ja:magneticOrdering
prop-ja:meltingPointC
  • 1287 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointF
  • 2349 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointK
  • 1560 (xsd:integer)
prop-ja:mohsHardness
  • 6.500000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • beryllium
prop-ja:number
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:numberOfIonizationEnergies
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:oxidationStates
  • 321 (xsd:integer)
prop-ja:oxidationStatesComment
prop-ja:period
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:phase
  • 固体
prop-ja:poissonRatio
  • 0.032000 (xsd:double)
prop-ja:reactivity
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:right
prop-ja:series
  • 卑金属
prop-ja:shearModulus
  • 132 (xsd:integer)
prop-ja:speedOfSoundRodAtR.t.
  • 12870 (xsd:integer)
prop-ja:symbol
  • Be
prop-ja:thermalConductivity
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:thermalExpansionAt
  • 11.300000 (xsd:double)
prop-ja:vanDerWaalsRadius
  • 153 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure
  • 1462 (xsd:integer)
  • 1608 (xsd:integer)
  • 1791 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure100K
  • 2742 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure10K
  • 2327 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure1K
  • 2023 (xsd:integer)
prop-ja:vickersHardness
  • 1670 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:young'sModulus
  • 287 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベリリウム(新ラテン語: beryllium, 英: beryllium)は原子番号 4 の元素。元素記号は Be。第2族元素に属し、原子量は 9.01218。ベリリウムは緑柱石などの鉱物から産出される。緑柱石は不純物に由来する色の違いによってアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれ、宝石にも用いられる。常温、常圧で安定した結晶構造は六方最密充填構造 (HCP) である。単体は銀白色の金属で、空気中では表面に酸化被膜が生成され安定に存在できる。モース硬度は6から7を示し、硬く、常温では脆いが、高温になると展延性が増す。酸にもアルカリにも溶解する。ベリリウムの安定同位体は恒星の元素合成においては生成されず、宇宙線による核破砕によって炭素や窒素などのより重い元素から生成される。ベリリウムは主に合金の硬化剤として利用され、その代表的なものにベリリウム銅合金がある。また、非常に強い曲げ強さ、熱的安定性および熱伝導率の高さ、金属としては比較的低い密度などの物理的性質を利用して、高速航空機やミサイル、宇宙船、通信衛星などの軍事産業や航空宇宙産業において構造部材として用いられる。ベリリウムは低密度かつ原子量が小さいためX線やその他電離放射線に対して透過性を示し、その特性を利用してX線装置や粒子物理学の試験におけるX線透過窓として用いられる。ベリリウムを含有するチリは人体へと吸入されることによって毒性を示すため、その商業利用には技術的な難点がある。ベリリウムは細胞組織に対して腐食性であり、慢性ベリリウム症と呼ばれる致死性の慢性疾患を引き起こす。
rdfs:label
  • ベリリウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:above of
is prop-ja:left of
is prop-ja:right of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of