Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベラルーシ共和国憲法(ベラルーシきょうわこくけんぽう、ベラルーシ語: Канстытуцыя Рэспублікі Беларусь、ロシア語: Конституция Республики Беларусь)は、ベラルーシ共和国の根本法である。ソビエト連邦からの離脱を宣言してから3年後の1994年に制定され、ベラルーシの統治機構を定めるとともに、市民の権利及び自由を定めている。当時の議会に当たるベラルーシ最高ソビエトが起草に当たり、市民及び法律専門家の意見を取り入れて修正された。前文と九つの部(セクション)、146か条から成る。憲法の構成と内容は、西側諸国の憲法と、白ロシア・ソビエト社会主義共和国時代の経験に大きく影響を受けている。多くの規定は政府の機能及び権限を定めるものであるが、市民及び居住者の権利及び自由に1章を割いている。制定後、1996年及び2004年の2回、改正が行われた。これらは大統領の権限を強化し、多選制限を廃するものであり、国民投票で承認されたが、野党勢力や選挙監視団体からは批判を受けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2520354 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54678548 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベラルーシ共和国憲法(ベラルーシきょうわこくけんぽう、ベラルーシ語: Канстытуцыя Рэспублікі Беларусь、ロシア語: Конституция Республики Беларусь)は、ベラルーシ共和国の根本法である。ソビエト連邦からの離脱を宣言してから3年後の1994年に制定され、ベラルーシの統治機構を定めるとともに、市民の権利及び自由を定めている。当時の議会に当たるベラルーシ最高ソビエトが起草に当たり、市民及び法律専門家の意見を取り入れて修正された。前文と九つの部(セクション)、146か条から成る。憲法の構成と内容は、西側諸国の憲法と、白ロシア・ソビエト社会主義共和国時代の経験に大きく影響を受けている。多くの規定は政府の機能及び権限を定めるものであるが、市民及び居住者の権利及び自由に1章を割いている。制定後、1996年及び2004年の2回、改正が行われた。これらは大統領の権限を強化し、多選制限を廃するものであり、国民投票で承認されたが、野党勢力や選挙監視団体からは批判を受けた。
rdfs:label
  • ベラルーシ共和国憲法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of