Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • For other battles at Veracruz see ベラクルスの戦い.1838年のベラクルスの戦いまたはサン・フアン・デ・ウルアの戦いとは、1838年11月27日から同年12月5日の間、メキシコのベラクルス市を防衛していたサン・フアン・デ・ウルア要塞に対して、フランスのシャルル・ボダン海軍少将指揮下のフリゲート艦隊が攻撃を加えて発生した海戦である。フランス艦隊は、フランスとメキシコ間の紛争解決を任務として大西洋を渡ってベラクルス沖に投錨し、交渉挫折まであらゆる外交的手段を尽くした。宣戦布告の後、ボダン少将は指揮下の艦隊に要塞への砲撃を命じた。臼砲艦が搭載した大口径臼砲とフリゲートが搭載するペクサン砲を中心としたフランス艦隊の砲火は、要塞を沈黙させて11月28日に降伏に追い込む、当時において画期的な戦果を挙げた。メキシコ政府がなおもフランス側の要求を拒絶したため、フランス艦隊は12月5日にベラクルス市街の攻略を開始した。フランス軍は限られた陸戦兵力しか無かったにも関わらず、メキシコ軍のマリアノ・アリスタを捕縛し、アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナを負傷させることに成功した。比較的小型の軍艦から成る限定的規模の艦隊が短時間で要塞を占領したことは、列席した観戦武官達を唖然とさせ、榴弾を使用する新式火砲の時代の幕開けと海軍の近代化の進展を世界に知らしめた。この戦闘を政治的に見ると、メキシコではサンタ・アナ個人の名声を高めたものの政権を弱体化させ、いっそうの政情不安をもたらすことになった。フランスでは、戦闘はかなりの公的な関心をその当時に集めたが、のちにいっそう重大な1860年代のメキシコ出兵に陰を落とすことになる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2776555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59196346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • dbpedia-ja:W:Théodore_Gudin
  • ベラクルスのサン・フアン・デ・ウルアへの砲撃。左から右へフランス軍のコルベット「クレオール」とフランス軍のフリゲートの「グロワール」、「ネレイドゥ」および「イフィゲニー
prop-ja:combatant
  • フランス
prop-ja:commander
  • :w:Antonio López de Santa Anna
  • :w:Antonio Gaona
  • :w:Charles Baudin
  • :w:Mariano Arista
  • Prince de Joinville
prop-ja:conflict
  • ベラクルスの戦い
prop-ja:date
  • --11-27
prop-ja:partof
prop-ja:place
prop-ja:result
  • フランスの勝利
  • ベラクルスの占領
  • 講和条約締結
prop-ja:strength
  • 3239 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:要塞
  • フリゲート艦4隻、コルベット2隻、ブリッグ8隻、弾薬船2隻
  • ~3,000人
  • 海上兵力
  • 陸上兵力
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • For other battles at Veracruz see ベラクルスの戦い.1838年のベラクルスの戦いまたはサン・フアン・デ・ウルアの戦いとは、1838年11月27日から同年12月5日の間、メキシコのベラクルス市を防衛していたサン・フアン・デ・ウルア要塞に対して、フランスのシャルル・ボダン海軍少将指揮下のフリゲート艦隊が攻撃を加えて発生した海戦である。フランス艦隊は、フランスとメキシコ間の紛争解決を任務として大西洋を渡ってベラクルス沖に投錨し、交渉挫折まであらゆる外交的手段を尽くした。宣戦布告の後、ボダン少将は指揮下の艦隊に要塞への砲撃を命じた。臼砲艦が搭載した大口径臼砲とフリゲートが搭載するペクサン砲を中心としたフランス艦隊の砲火は、要塞を沈黙させて11月28日に降伏に追い込む、当時において画期的な戦果を挙げた。メキシコ政府がなおもフランス側の要求を拒絶したため、フランス艦隊は12月5日にベラクルス市街の攻略を開始した。フランス軍は限られた陸戦兵力しか無かったにも関わらず、メキシコ軍のマリアノ・アリスタを捕縛し、アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナを負傷させることに成功した。比較的小型の軍艦から成る限定的規模の艦隊が短時間で要塞を占領したことは、列席した観戦武官達を唖然とさせ、榴弾を使用する新式火砲の時代の幕開けと海軍の近代化の進展を世界に知らしめた。この戦闘を政治的に見ると、メキシコではサンタ・アナ個人の名声を高めたものの政権を弱体化させ、いっそうの政情不安をもたらすことになった。フランスでは、戦闘はかなりの公的な関心をその当時に集めたが、のちにいっそう重大な1860年代のメキシコ出兵に陰を落とすことになる。
rdfs:label
  • ベラクルスの戦い (1838年)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of